留学・研修現地レポート Report from Overseas

今できることを 

Jan . 2018

すでに5ヶ月が経ちました。残り2ヶ月しかないので、常に今しかできないことを優先して行動するようにしています。例えば、電車に乗っている時は、イヤホンを外し周りの会話に耳を傾けてみたり、普段は通らない道へ寄り道し、初めて見る景色を楽しんだりしています。

学校生活では、EAP3になり、以前は聞く側にまわってた自分でしたが、今では自分の主張を相手に伝える機会が多くなり、少し成長を感じてます。また、新しいクラスメイトである中東アラブから来た友達からは、習慣の違いを教えてもらったりもしました。

休日は、行ける限り友人と教会へ訪れます。そこでは、牧師さんの話を聞いたり、音楽を共に歌ったり、1週間の悩みをリセットすることができます。日本では考えもしなかった体験に、今ではとても虜になっています。牧師さんが話されたなかで、とても気に入った言葉があります。それは、すべてよくなるだろう、です。うまく行かないことが多く、焦る事が多かったですが、ここに通うようになり、落ち着いて考えることの大切さを学びました。

残りの留学生活では、やれることは何でもやりきろうと思います。どんな困難があっても、最後は良くなると信じて、自分がやってきたやり方で、このまま残りの生活も大事にしていきたいです。