留学・研修現地レポート Report from Overseas

Happy New Year 2018! 

Jan . 2018

 月日が経つのは早いもので、留学生活も4か月目に突入しました。12月もまたやるべきことが盛りだくさんの多忙な月になりました。先月は留学始まって二回目のプレゼンテーションがありました。クラスも上がったことで、プレゼンの評価基準も上がり、その上私と私のパートナーは1番最初のプレゼンターだったので直前まで緊張で倒れそうでした。笑 前回の反省点をふまえて、プレゼンに臨みましたが、やっぱり自分の中で100%納得いかなかったものの、前回よりも成長できた面ばかりだったので満足です。プレゼンと同時進行でsurvey reportの提出もしなければなりませんでした。自分が日本にいるときに書いたようなレポートとはまた違い、それを英語でするとなるとかなりの時間がかかりました。午前中に授業が終わった後は学校が閉まるギリギリまで放課後に残ってみんなで勉強したり、自分の勉強に時間を費やしました。

プレゼンもレポート提出もすべて終えた後には待ちに待ったChristmas holidayがやってきました。夏のクリスマスは私にとって生まれて初めての経験で、日本では味わえない不思議な感覚でしたが、サンタ帽子をかぶってビーチに行ったり、シドニーの至る所で移動遊園地だったり、フォトジェニックな写真スポットだったりたくさんのクリスマスイベントがあったりで、「インスタ映え」のために写真を撮るのも楽しみの一つでした。12月25日のクリスマスからは、今同じ大学に通っている友達とMelbourneへ旅行に行きました。Sydney~Melbourne間は距離で言うと山口~東京間ぐらいで、飛行機で1時間半程でした。メルボルンには私と同じ時期から留学に行った2人の筑女の友達や、一緒に旅行に行った子の友達もいてみんなで合流して色んな所に行きました。メルボルンは世界一住みやすい都市ランキング1位といわれていて、街の至る所をトラムという路面電車が通っていたり、街が綺麗だったりでシドニーと似ているけれどまた違う良さがあってとてもいい場所でした。クリスマスの翌日にはboxing dayというオーストラリア人にとって年に一度の大セールがあり、その日は朝の5時から店がオープンし、夜の12時まで買い物を楽しめます。私は友達と朝の5時前から行列に並んで夕方5時までの約12時間ショッピングを楽しみました。4泊5日の旅行の後は、今度はそのメルボルンの友達も一緒にシドニーに帰って来ました。帰りは飛行機ではなくレンタカーを借りて5人で約12時間かけてシドニーへと戻ってきました。長旅で大変かと思われた車での長距離移動でしたが、案外そうでもなく、旅路もとても楽しく、無事に到着できました。そしてとても楽しみにしていたNew Year’s Eveは、初の海外、シドニーで迎えました。シドニーの年越しはニューヨークに次ぐほど大きいと前から聞いていたので、せっかくなら良い場所で見たいねということで、場所取りに行くために早くからシティへ行き、すごい数の人でしたが、ラッキーなことにオペラハウスがよく見える最前列をゲットできました。そしてみんなで年越しのカウントダウンまでそこで8時間ほど待機しました。そしてとてもきれいな花火と歓声と共についに2018年を迎えました。シドニーで迎える新年は、忘れられない最高の思い出になりました。年始は、日本では正月三が日は大体学校も仕事も休みである日本とは違い、オーストラリアでは元旦はみんなゆっくりと過ごしますが、ほとんどのところが2日からスタートします。

私の大学も2日から授業がスタートし、翌日3,4,5日と立て続けでmiddle-term examでした。Christmas holidayは毎日がとても充実していた半面、また今まで通り授業が再開してそれに慣れるのに少し時間がかかりそうです。。でも新年、また気持ち改め、頑張って勉強に取り組んでいきたいと思います。