留学・研修現地レポート Report from Overseas

中身の濃い12月

Jan . 2017
 ポートランドは雪のために学校が休校になる程厳しい寒さが続いています。12月で秋のセメスターも終わり,サービスラーニングというポートランドにある非営利団体であるFolkTime,そしてNeighborhood Houseでボランティアとして約6週間就業体験を行うプログラムに参加しています。
まだボランティアを始めて1週間という短い期間であるため,大げさかもしれませんが、この場所を選んでいなければ恥ずかしながら人生の中で考えることもなかったであろうことに多く出会い,この場所をボランティア先として選んで本当に良かったと思います。
年末から年始にかけ,サンフランシスコへ旅行に出かけました。初めての土地でしたが,道行く人に尋ねながらも楽しい3日間を過ごすことが出来ました。隣りの州にも関わらずにポートランドに比べカリフォルニア州は温かく,アメリカの土地の大きさを再確認するとともに,チャイナタウンを訪れた際はアメリカにいることを忘れてしまうほどで,この旅行を通じて世界中の様々な国からの観光客と出会うことが出来ました。
 ホストファミリーとは,毎日映画をみて楽しみます。こちらに来たばかりの頃は英語の音声に英語の字幕をつけても半分程しか内容を理解できなかったのですが,今は内容のほとんどを理解することが出き,また普段の会話においても中身の濃い話をすることが出来るようになり,以前に比べ英語力がついてきたことに喜びを感じています。
 ポートランドでの生活も50日を切ってしまいました。こちらに来たばかりの頃に比べ,バスの使い方にも慣れ,友人とレストランで食事を楽しんだり,ポートランドはコーヒーが有名だということでカフェでゆっくり過ごすなど,素敵な時間を過ごしています。クリスマス,そして念願のアメリカンフットボールの試合も観戦することが出来ました。
 帰国までの時間が刻々と迫ってきていますが,こちらでしかできないことに積極的に取り組み,帰国後「成長したな!」と自分でも思うことが出来るように頑張りたいと思います。