留学・研修現地レポートReport from Overseas

Withコロナ時代の韓国留学

Mar . 2022

今月は入国してからの手続き、隔離期間、学校での手続きなどすることが多く、忙しい日々を過ごしました。

隔離施設に到着してからは、コロナの検疫に関する手続きで住所を書き間違えていたり、夜の分のお弁当が届いていないというハプニングもありました。そのような状況でも一人で韓国語で連絡を取って対処をしなければならなかったため不安でした。しかし、保健所や予約サイトや学校の先生と連絡を取るために、翻訳機を使いながらではありますが、自ら問題を解決しようとする力がつきました。これも一つの経験だなと思います。また、私はずっと実家暮らしだったため、隔離施設で一人で生活をすることで食事や洗濯をしてくれていた家族の有難さや、話をしたり、挨拶を交わしたりすることができない寂しさを感じました。

隔離期間中にオンラインでのクラス分けテストがありました。当日に連絡が来てすぐにパソコンで実施しました。
2月23日10時〜24日〆読解・記述テスト
2月24日10時30分〜(約10分)スピーキングテスト
中級を選択して受けたのですが、知らない単語が多く、沢山質問をされうまく答えることができず難しいと感じました。

2月28日 オリエンテーション
10時から2時間オリエンテーションをした後、バディーのミンジョンオンニと他の大学の日本人の友達と3人で大学の近くのお店にご飯を食べに行きました。知らないことだらけの私に色々と教えてくれるので助かっています。また、学校のすぐ近くに牛耳川があり、川沿いを散歩しています。勉強や生活面で不安がありますがバディーの学生さんが相談に乗ってくれるので安心です。

3月2日 授業オリエンテーション

3月3日語学堂の授業開始、外国人登録申請
日本人2人、海外の学生10人計12人のクラスです。勇気を出して積極的に話しかけてこれから沢山交流ができたらいいなと考えています。外国人登録は学校で団体で申請してもらえるため、申請書や必要書類を提出しました。語学堂は午前9時から12時50分までで、終わったら食堂でご飯を食べています。食堂はとても綺麗で学食も美味しいです。

3月4日 銀行口座開設、学生証申請

3月4日〜3月8日 受講調整期間

現在授業ではKF94マスクを必ず付けなければなりません。コロナの状況が1日も早く良くなることを願うばかりです。ご閲覧いただき有難うございました。

(一枚目の写真は学校の近くにある牛耳川を散歩したときの写真で、二枚目は、語学堂のクラスで隣の席になった台湾人のお友達と撮った一枚です。)