留学・研修現地レポート Report from Overseas

1年間ありがとうございました

Feb . 2020

徐々に気温も暖かくなり始めましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。最近、新型肺炎が世界的なニュースになっていますが韓国もその影響を受け、主な観光地ですら依然と比べ閑散としています。また、市内では公共交通機関など人の多い所ではほとんどの人がマスクをつけ、空気清浄システムや消毒ジェルが置かれるなど感染予防は徹底されている気がします。

さて、学校生活についてですが、先月の時点で大学でのプログラムは全て終了しており、今月の初めころ語学堂での全過程を修了しました。6級クラスも無事パスした状態での修了だったので達成感がありました。語学堂の修了式前に、韓国語能力試験の結果も出たのですが無事6級を習得したのですが3項目中2項目が9割取れていて留学前には考えられなかったような結果に胸が熱くなるのを感じました。

続いて余暇活動についてですが、남산의 부장들という映画を見ました。この映画は18年続いた独裁政権がクーデターによって終わるまでの40日間を再現したノンフィクション作品です。元々韓国の歴史については、日本でも学びこちらに来てからも学んでいたため、理解ができました。特に主人公役を務めるイビョンホンの演技が素晴らしく、ぜひもう一度見たいと思います。

今月の中頃には、日帰りでスキーに行きました。事前に早朝の無料シャトルバスを予約しておき、スキー場につくと昼食をとった後ウェアなどを借りに向かいました。ボードにするかスキーにするか直前まで悩みましたが、結局ボードを借りて4時間程度滑りました。天気も良すぎるほどで、総合的な価格も日本と比べて格段に安かったのでとても満足できました。

そして、つい先日には三泊四日で済州島旅行へ行って来ました。私が旅行する直前までは天気も良く気温も暖かかったのですが、初日と二日目は雪と雨が交互にふり、台風のような風が吹き、警報まで出ていました。車を借りていたのが不幸中の幸いで、その状況に慣れると車の中から見る荒れたエメラルドグリーンの海がとても神秘的に感じました。二日目は菜の花畑やビーチに行って写真を沢山撮りました。昼は台風並みの強風を除けば天気は良かったので風景写真はとても綺麗に撮れました。そのあと視覚アートの博物館へ行き室内で快適に過ごし外へ出てみると、雪が積もっていました。済州島は韓国の南に位置する島なので本来であれば雪が積もることすら珍しいようです。雪に慣れていないためか、事故を起こしている車も多く見かけました。3日目はそれまでが嘘のように晴れ、雪もすべて溶けてしまっていました。3日目は安価で具沢山のラーメンを提供していることで有名な海鮮ラーメンを食べに向かいました。私たちが並んですぐ列が締め切られました。仮設小屋から見える景色もとてもきれいで、ラーメンも見たことがない程アワビやシジミなどが入って約500円程度でした。その後も菜の花を見学したり、堤防へ行ったり、みかんを食べたり、とても充実していました。魚の旬などを考慮して、今度は夏に訪れてみたいです。

今月最後の大きなイベントが終わり、最近は本当に留学が終わってしまうのかという実感が急に押し寄せるとともに、就職活動がはじまることへの緊張感でいっぱいですが、帰国後は大きく成長した姿を皆さんにお目せできるよう更に努力してまいります。一年間様々な面でサポートしていただいたすべての方に感謝申し上げます。ありがとうございました。