留学・研修現地レポート Report from Overseas

開始新的学期

Sep . 2019

 今月から新しい学期が始まりました。今学期から来た留学生は、日本人は4人ととても少ないです。今学期は履修登録の形式が変わり、テストを受けて自分のレベルに合わせた授業を履修するという方式に変わっていました。前回は、レベル判定のテストはなく、好きな授業を履修できたので、前回と同じと思っていたので、心の準備をしていなかったため、少し焦りました。筆記の試験でミスをしてしまい、高級に入りたかったのですが、中級になってしまいとても悔しかったです。先生に申し出て、高級の授業も履修することができたので、期中考で挽回したいです。前学期で半分ぐらいの人が帰ってしまったので、まだ寂しく感じます。新しく来た人たちとも仲良くなれるようにがんばろうと思います。

 9月の1日から7日にかけて、日本から友達が来てくれて、九份、十分、台中などに行きました。九份と十分は台湾でとても有名で人気の場所ですが、まだ行ったことがなく、交換留学生のみんなは、だいたい行ったことがある人が多かったため、行く機会がなかったので、良い機会でした。十分では、ランタンをあげて、九份では、景色を楽しみました。九份は、千と千尋の神隠しのモデルになった場所で、その雰囲気を感じることができてよかったです。九分でおいしい台湾茶を飲むことができました。台中は行ったことがありましたが、虹の村という壁一面にカラフルな絵が描いてある場所や夜市、かわいいカフェなど行ったことがない所に行くことができてとても楽しかったです。以前来たときは、タクシーを利用することが多く、バスをあまり利用しませんでしたが、今回はできるだけバスを利用しました。台中のバスの料金はとても安く、10㎞の区間だったら無料という仕組みになっていて、バスの本数も多く、とても便利でした。台北では、私のおすすめの場所を友達に案内しました。上手く案内はできませんでしたが、楽しんでくれた様子だったので、良かったです。今回の旅行は久しぶりに日本の友達に会うこともでき、行ったことのない場所にもたくさん行けて楽しかったです。

 来月の目標は、新しく来た交換留学生たちと仲良くなって、中国語を話す機会をもっと増やして、今学期は高級の授業も履修したので、ついていけるように予習復習をがんばることです。