留学・研修現地レポート Report from Overseas

The last term is about to begin

Feb . 2019

オーストラリアでの留学生活もあと残り1か月と少しになりました。1月は毎日が忙しい月でした。

まずは、学校の事についてから話します。1月に入りすぐにオーラルプレゼンテーションを授業の中で行いました。以前のクラスでは1人で決められたお題についてプレゼンテーションしましたが、今のクラスではオーラルプレゼンテーションのパートナーと一緒にプレゼンを行うものでした。プレゼンを1人で行うよりも二人で行うほうが、断然大変でした。クラスの先生から、早めに用意しないといけないよと言われながらも、二人で作るとなると、話し合う時間の確保、意見の違いなどでなかなかスムーズに進みませんでした。その為、プレゼン発表前にはもちろん作り終わっていましたが、十分な練習時間が確保できていなかったことは今回の反省点です。しかし、プレゼンは無事に終わりました。オーラルプレゼンテーションのフィードバックをもらい、改善が必要である点として、初めて知った単語を発音するときに発音とイントネーションが不確かであったことが見え見えだったようで、発音とイントネーションなどいくつか指摘されました。

先日、ファイナルテストが行われました。中間テストの時よりやはりファイナルテストは難しかったです。いつもなら見直す時間まで取れていたライティングがテストの終了時間ぎりぎりにしか終えることが出来なかったので、今回のライティングのマークには期待できそうにありません。終えることで精いっぱいで本当に焦りました。次のクラスに進めたならば、いまの実力では次のクラスでついていけないと思うのでもっと頑張りが必要だと思います。

次に週末の話をします。週末や、金曜日の放課後にクラスメイトとご飯を食べに行きます。クラスの中だけではなく、週末の集まりなどにおいても回を重ねるごとに仲良くなれていることを実感できて本当に嬉しいです。1月26日はオーストラリアデイという国民の祝日がありました。オーストラリアデイとは、オーストラリアの原住民であったアボリジニとってはイギリスによって侵略された日、移民にとっての日、オーストラリア人であることを誇りに思う日です。いろいろなところでイベントがありました。私は一度行ってみたかったダーリングハーバーでの花火を見に行きました。とても美しく、行けて嬉しかったです。そして、ついにブルーマウンテンに行きました。やっとスリーシスターズを見ることができて嬉しかったです。そして、ブルーマウンテン観光用のモノレールがありましたが、私たちは歩きで険しくきつい山道を歩き、観光しました。本当にきつかったですが、これもいい思い出です。頑張って山道の上がり下がりを超えて、滝や洞窟などを見ました。きつかったですが、モノレールに乗るよりも、近くで見ることができ達成感がありました。

次のタームがもうすぐ始まります。このタームは留学生活の最後のタームになります。留学生活に悔いが残らないように過ごしていきたいです。

写真は、ブルーマウンテンに行った時の写真です。