大学院 Graduate School

履修モデル

開講科目と単位数

: 基礎教育科目/ : 基幹教育科目/ : 人間文化科目/ : 人間福祉・心理科目

基礎教育科目

科目区分 授業科目の名称 修了に必要な単位
必修 選択単位 合計
必修選択 自由選択
基礎教育科目 人間科学概論 2     30
基幹教育科目 仏教学特論 2    
言語生活特論   2 14
人間福祉特論  
精神医学特論  
専門教育科目 仏教文化特論    
日本語学特論    
現代言語特論    
言語文化特論    
異文化コミュニケーション特論    
日本文化特論Ⅰ    
日本文化特論Ⅱ    
比較文化特論    
教育文化特論Ⅰ    
教育文化特論Ⅱ    
英米文化特論    
中国文化特論    
社会福祉学特論    
社会福祉相談援助演習    
仏教福祉特論    
家族関係特論    
児童福祉特論    
高齢者保健福祉特論    
精神保健特論    
臨床心理学特論    
カウンセリング演習    
障害児発達心理特論    
障害児発達心理演習    
家族心理特論    
フィールド・ワーク(4つの異なる授業があります。)    
研究指導科目 研究基礎 10    
研究指導Ⅰ
研究指導II

※修了要件
修士課程に2年以上在学し、修了に必要な単位を充足し合計30単位以上を修得、かつ必要な研究指導を受けた上、修士の学位論文の審査及び最終試験に合格すること。

履修モデル

企業や自治体の文化関係職員

日本文化への深い理解を基盤として、異文化に対する素養を涵養し、国際化の進展する社会の様々な職業領域で活動する専門職業人を目指す方

学年 授業科目 単位 授業科目 単位
1年 人間科学概論 2 研究基礎 2
仏教学特論 2 研究指導Ⅰ 4
言語生活特論 2 研究指導Ⅱ 4
現代言語特論 2 研究テーマ例:
「アジアにおける日本のアニメ文化の受容」
日本文化特論Ⅰ 2
比較文化特論 2
中国文化特論 2
2年 現代言語特論 2
異文化コミュニケーション特論 2
英米文化特論 2
言語文化特論 2
32

企業や自治体の地域支援職員

人間文化への幅広い理解を基盤として、社会生活に対する素養を涵養し、生活者としての視点から地域社会における様々な場で実践的に活動する知識人を目指す方

                   
学年 授業科目 単位 授業科目 単位
1年 人間科学概論 2 研究基礎 2
仏教学特論 2 研究指導Ⅰ 4
言語生活特論 2 研究指導Ⅱ 4
日本文化特論Ⅰ 2 研究テーマ例:
「公共サービスと地域コミュニケーション」
言語文化特論 2
精神保健特論 2
フィールド・ワーク 2
2年 現代言語特論 2
教育文化特論Ⅰ 2
教育文化特論Ⅱ 2
社会福祉相談援助演習 2
家族関係特論 2
34

地域コミュニティのリーダー

日常生活の文化的・社会的側面に対する統合的な素養を涵養して、企業・自治体や地域団体・寺院等において様々な地域活動を支援する役割や、コミュニティの中心的役割を担うことを目指す方

                 
学年 授業科目 単位 授業科目 単位
1年 人間科学概論 2 研究基礎 2
仏教学特論 2 研究指導Ⅰ 4
人間福祉特論 2 研究指導Ⅱ 4
仏教文化特論 2 研究テーマ例:
「地域コミュニティにおける文化継承の意味」
日本文化特論Ⅱ 2
精神保健特論 2
2年 仏教福祉特論 2
教育文化特論Ⅰ 2
家族関係特論 2
児童福祉特論 2
フィールド・ワーク 2
32

言語や文化などの教育関連職

日本語の専門知識に加えて、日本社会の特徴、仏教をはじめとする伝統的な日本文化を幅広く教える人材を目指す方

学年 授業科目 単位 授業科目 単位
1年 人間科学概論 2 研究基礎 2
仏教学特論 2 研究指導Ⅰ 4
言語生活特論 2 研究指導Ⅱ 4
仏教文化特論 2 研究テーマ例:
「日本語学習者におけるポライトネス認知」
日本文化特論Ⅰ 2
日本語学特論 2
2年 言語文化特論 2
教育文化特論Ⅰ 2
異文化コミュニケーション特論 2
英米文化特論 2
中国文化特論 2
32

保健・福祉領域で援助や支援に関わる仕事

児童(障害児を含む)、高齢者等の福祉関係現場で、高度の福祉専門知識と臨床援助技術や相談援助能力を有し活動する専門家を目指す方

福祉的支援のモデル

                                 
学年 授業科目 単位 授業科目 単位
1年 人間科学概論 2 研究基礎 2
仏教学特論 2 研究指導Ⅰ 4
精神医学特論 2 研究指導Ⅱ 4
仏教文化特論 2 研究テーマ例:
「精神障害者の社会復帰支援」
仏教福祉特論 2
社会福祉学特論 2
2年 社会福祉相談援助演習 2
児童福祉特論 2
家族心理特論 2
障害児発達心理特論 2
フィールド・ワーク 2
32

心理臨床的支援のモデル

                 
学年 授業科目 単位 授業科目 単位
1年 人間科学概論 2 研究基礎 2
仏教学特論 2 研究指導Ⅰ 4
精神医学特論 2 研究指導Ⅱ 4
社会福祉相談援助演習 2 研究テーマ例:
「発達障害児に対するソーシャルスキルトレーニング」
児童福祉特論 2
家族心理特論 2
2年 精神保健特論 2
カウンセリング演習 2
障害児発達心理特論 2
障害児発達心理演習 2
フィールド・ワーク 2
32

長期履修生制度について

長期履修生制度とは、仕事や日常生活との兼ね合いで、2年(本研究科の標準の修業年限)を超えて在学し、計画的に履修を行うことができる制度です。長期履修を希望する方は、出願時に3年または4年の希望を出していただくことになります。(在籍途中での期間変更はできませんので予めご了承ください。)

長期履修生として入学された場合の納付金額は、標準の修了年限である2年間の総額とほぼ同額となります。(計算上の端数は切り上げられます。また、保険料が異なります。)