大学院 Graduate School

研究科長挨拶

複雑な社会における問題に対応できる高度専門職業人を育成します。

私達が生きている社会は、情報の氾濫、異常気象など人災、自然災害と複雑きわまりない状況が多くなってきています。我々はそれらの問題を的確に捉え、どのような支援や援助ができるのか考える必要があります。

本大学院の人間科学研究科において、「仏教による人間教育」を基盤とします。この人間教育は、人間理解や自律、和平、感恩に基づいた己や人への気づきや対応を基礎にしています。それらに加え、本研究科では、言語・文化系、福祉・心理系等の多方面な学問領域から学ぶことができます。これらの高度の知識とともに人を支援する心も学びます。

また、本研究科では高度な知識を学ぶだけではなく、演習、フィルード・ワークも経験できるようになっています。学びながら実践力をつける事も可能になっています。

これらを総合的に学び、実践力の育成、研究的視野の育成をも網羅したカリキュラムになっています。