各学科からのお知らせNews from Departments

【現社の学び】第1回オープンキャンパスのご報告です

2020年8月9日(日)に筑紫女学園大学のオープンキャンパスが開催されました。

コロナ禍でのオープンキャンパスをどのように開催すべきかと様々な角度から検討した結果、事前の予約制とし、感染防止対策を徹底した上でミニ講義と個別相談会を開催しました。
 
複雑化、多様化する現代社会の特徴を4つの領域から理解を深める現代社会学科の学びに触れていただくために、それぞれの領域から1つずつ、ミニ講義を行いました。
 
午前の部は、20名の高校生と12名の保護者の方々に、赤枝香奈子准教授の「ダイバーシティとポピュラー文化」、佐々木浩教授の「ネコ、イノシシ、カワウソとまちづくり」の二本立てで講義を体験していただきました。現代社会学部の学びの多様性の一端に触れていただけたようです。
 
午後の部は、11名の高校生と3名の保護者の方にご出席いただきました。この回は現代社会学部のもう一つの学びの特徴である、コラボプロジェクト(複数のゼミの共同・連携活動)に触れていただくために、ツーリズムをテーマにコラボを予定している須藤遙子教授と川尻洋平准教授が登壇し、それぞれ「アニメ『ガールズ&パンツァー』から見る町おこし」と「聖地巡礼:ツーリズムを宗教から考える」の講義を行いました。
 
ミニ講義後の個別相談では、各領域のゼミに所属する上級生とのネット相談や教員によるカリキュラムやゼミに関する相談などが行われました。
 
暑い中お越しいただきありがとうございました。