各学科からのお知らせ News from Departments

授業紹介シリーズ⑦【乳児保育】

乳児保育の授業風景です。
今回は0、1、2歳用の絵本を使って演習を行った様子をお伝えします。

乳児の絵本はリズミカルな音の繰り返しが楽しいです。
また「はいばい」「おいしい」「おんなじ」など短い単語でありなから、人と関わるときに使う言葉がたくさん出てきます。
絵本のかわいらしさに魅かれてみんなも笑顔になって笑い声も聞こえていました。

<学生の感想文より>

絵を見せる時間を作ることが大切だと思った。
ページをめくるタイミングがむずかしい。
まず自分が楽しみ、楽しく笑顔で読むことが大事。
「!」「?」は特に気持ちを込めて、子どもに投げかけて読んだ方がいい。
子どもが真似をしたいという気持ちを絵本が引き出してくれそう。
言葉をゆっくり丁寧に言うことが大事。
聞き取りやすい優しい声で読むこと。リズミカルに読むこと。
子どもたちが楽しめるような絵本を見つけておきたい。

などなどたくさんの感想がありました。

目の前に乳児さんがいるようなイメージでしっかりと絵本読みが出来ていました。
入学して2年目の前期ですが、保育者のたまごとしてしっかりと育っている場面をみることができました。