各学科からのお知らせ News from Departments

保育実習が終わりました(3年生)

9月に幼保コース3年生が保育実習を行いました。

保育実習ⅡもしくはⅢのどちらかを選択する実習です。
実習Ⅱは保育所実習、実習Ⅲは児童養護施設等の施設実習です。
この実習を終えると、保育士資格に必要な3回の実習が完了したことになります。

9月末、後期が始まってすぐ、実習の事後指導を行いました。

実習を終えた学生から

  • 2歳児クラスで設定保育をしました。
    製作遊びをしたけれども、終わった後に振り返ってみて、作り方の順番を入れ替えた方が子ども達には伝わりやすかったかなと反省しました。
     
  • 子ども達がかわいかった!
    実習が終わって1週間後の運動会も見に行きました。
    私(実習生)のことを子ども達が覚えてくれていて、〇〇先生!と駆け寄ってくれたことがとても嬉しかったです。
    たった1週間なのに、子ども達が成長している姿が運動会で見られて、感動しました。
     
  • 施設実習に2回行き、子どもたちの生活を支える保育士の仕事の大切さを感じました。
    子どもたちにとって安心感が得られる家や居場所になること、それを作ることができる保育士に自分もなりたいと思いました。
     
  • 施設には看護師や心理士の先生もいて、朝の申し送りに参加させてもらったけれども、医療系の専門用語も飛び交っていました。
    保育士の方も、当たり前のようにそれを理解されていました。
    保育士といっても、必要な知識は様々で、もっといろいろなことを勉強しないといけないのだと実感しました。

などの声が事後指導で聞かれ、学生の成長が感じられました。

また、夏休み中に、手作りお手玉と手袋シアターやペープサートを作ってくることを実習指導の課題としていました。
学生一人一人、懸命に取り組むことができたようです。

写真は、事後指導での各自の作品のお披露目会の様子です。
各自、工夫を凝らして作り上げていました。