各学科からのお知らせ News from Departments

新入生オリエンテーションが行われました

入学式翌日の5日から10日にかけて、新入生オリエンテーションが行われました。
5日のオリエンテーション初日は、初めての大学生活に緊張した表情で新入生が教室に入ってきました。
松本専攻長のお話の後、初等教育・保育専攻の4年間の過ごし方や、履修登録の説明を受けました。
また、本専攻では、教員が少しでも早く学生全員の顔と名前を覚えられるようにという思いから、一人ずつ顔写真の撮影もしています。

午後は、初等教育コース、幼児保育コースに分かれて、4年生の先輩達から、これからの学生生活の話をしてもらいました。緊張した表情の1年生を前に、先輩達が工夫を凝らし、楽しく学生生活のポイントや楽しさ、魅力、気をつけたいことなど伝えてくれました。

初等コースでは、4年生5名が自分の1日の学校生活や小学校実習、サークル、アルバイト、一人暮らし、ボランティアについてなど、スライドを作り、写真を交えて伝えてくれました。
5名それぞれ、取り組んでいることの違いはありますが、小学校の学習ボランティアの話しや子ども劇場の話しなど、自分の興味関心を深め、そこから学びにつなげることができること、学生生活は自分の力でどんどん楽しくなること、先生たちも手助けしてくださることなど丁寧に、熱意のこもった話をしていました。

その後、画用紙で作ったパズルのピースが1年生に配られました。自分のピースとつながるピースを持つ友達探しをスタート!カラフルだったりモノクロだったり、色や形をヒントに相手を見つけ、集まった6~7人のメンバーで協力し、ピースをのりで貼り合わせると、6枚の絵が出来上がりました。その絵はどこか見覚えが…。
それは小学校1年生から6年生までの国語の教科書に出てくる教材の挿絵です。さあ、それぞれ何年生のなんという題材の挿絵でしょう?挿絵のピースをきっかけに出会った新しい友達と「何年生で習った?」「なんていう題名だった?」と、自分が小学校の頃を思い出しながらにぎやかに会話し、答えを考えながら楽しい時間を過ごす新入生の姿がありました。

終了後も、早速友達と連絡先を交換したり、先輩学生とも話したり、交流が深まっている様子でした。