各学科からのお知らせ News from Departments

【教員の研究活動紹介②】「全国公的扶助研究会 第53回公的扶助研究全国セミナー~福岡と各地を結んで~」を開催しました(2日目レポート) 

11月20日(土)、21日(日)の2日間にかけて、第53回公的扶助研究全国セミナー(大会実行委員長・本学社会福祉コース准教授 髙木佳世子先生、共催:筑紫女学園大学)が本学スクヮーヴァティーホールにて行われました。

21日(日)は下記の分科会が終日行われ、社会福祉コース各教員が分科会を担当しました。

 ①「子ども・若者支援」分科会/司会:本学社会福祉コース准教授・大西良先生
     報告者:本学社会福祉コース准教授・大西良先生
         太宰府市スクールソーシャルワーカー・柴田真生さん(本学卒業生)
         自立援助ホームLEAP施設長・中嶋亮太さん

 ②「高齢期の貧困」分科会/司会:本学社会福祉コース准教授・川﨑孝明先生、納戸美佐子先生
     報告者:本学社会福祉コース准教授・川﨑孝明先生、納戸美佐子先生
         久留米市福祉事務所ケースワーカー・松石克己さん
         春日市社会福祉協議会・岩下陽子さん
         NPO法人でんでん虫の会・吉松裕蔵さん

 ③「依存症者支援」分科会/司会:本学社会福祉コース准教授・栗田紀子先生、髙木佳世子先生
     報告者:雁の巣病院・神谷直美さん
         板橋区板橋福祉事務所ケースワーカー・横田敏さん他

両日とも本学からリアルタイムでZOOM配信され、400名を超える参加者がさまざま分科会で、公的扶助実践の交流や向上に取り組みました。