各学科からのお知らせ News from Departments

【教員の研究活動紹介①】「全国公的扶助研究会 第53回公的扶助研究全国セミナー~福岡と各地を結んで~」を開催しました(1日目レポート) 

11月20日(土)、21日(日)の2日間にかけて、第53回公的扶助研究全国セミナー(大会実行委員長・本学社会福祉コース准教授 髙木佳世子先生、共催:筑紫女学園大学)が本学スクヮーヴァティーホールにて行われました。

20日(土)は全体会「医療と社会福祉の連携~健康問題を軸に貧困問題を考える~」として、舟越光彦先生((公社)福岡医療団 理事長、千鳥橋病院 予防医学科長)に基調講演をしていただき、健康の社会的決定要因(Social Determinates of Health、SDH)の概念について説明があり、医療機関によるSDHへのアプローチ事例が紹介されました。その後のシンポジウム(座長・本学社会福祉コース教授 池田和彦先生)では、シンポジストとして、(医)広仁会広瀬病院・医療ソーシャルワーカーの梶平幸子さん、太宰府市社会福祉協議会生活支援コーディネーターの永田知美さん(本学卒業生)、神戸市垂水福祉事務所ケースワーカーの衛藤晃さんが登壇され、各報告者による医療と福祉の連携に関する取組みが発表され、活発な議論が交わされました。