筑紫女学園大学 受験生サイト

筑紫女学園大学
行くジョ!Open Campus

Miracle OGs- 卒業生のMiracle Story

わたしのミラクル

教員採用試験へ2度の挑戦。
在学中も卒業後も変わらず
先生方や大学が応援し続けてくれて、
念願の先生になることができました。

入学前まで
教職課程の有無で大学選び。楽しそうに学べる雰囲気に惹かれました。

小学4年の時の担任の先生の影響で、自分も教員になりたいなと思い始めました。中学、高校でもその思いは変わらず、教職免許が取れる大学の一つとして筑女を選択。同じ県内にありパンフレットを見ると楽しそうな雰囲気で、小学校だけでなく幼稚園教諭の免許もとれるというところに惹かれて初等教育コースに仲間入りしました。

大学時代
同じ目標を持つ仲間と、実践的な授業内容。
先生になる準備期間のような4年間。

学ぶべきことが多い教職課程では、モチベーションを保ち続けることが重要。この大学では、同じ目標を持つクラスメイトが常に身近にいることが、何より心強かったです。また、先生も教員経験を持つ方が多いため実践的な授業やアドバイスが充実。「学んだことを早く現場で活かしたい」と日々、未来の自分の姿を思い描きながら勉強に打ち込めました。

社会に出てから
卒業後も心強い応援があったから
もう一度採用試験に挑戦できました。

4年次に受けた教員採用試験では、わずかに足りず不合格に。そのため卒業後も面接の練習や情報収集など、先生方や学習支援センターには継続してお世話になり、翌年無事合格できました。最後まで支えてくれた方々の恩に報いる意味でも、さらに授業力を高めて教師の使命をしっかり果たしていきたいです。

福岡市小学校教諭

一井さん

初等教育コース

MESSAGE

同じ目標に真剣に向き合う気持ちのいい仲間と切磋琢磨できること。先生が本当に優しいこと。試験対策など最後までサポートしてくれる体制があること。先生を目指す学生にとって、筑女ほど恵まれた環境はないと思います。

PAGE TOP