筑女の教育 ACADEMICS

1. 仏教の教え

知識をどれだけ積み重ねても、人間として真に生きる意味を見出すことはできません。

筑紫女学園大学では、“自己と向き合う場所”を提供し、仏教の人間観・世界観を通して、生きることの意味を問いかけ、現代社会のさまざまな問題を見つめ直す眼を養います。

2. 女子教育

自己と向き合うことは、女性であることと向き合うことでもあります。

人間としての生き方や社会のあり方を女性の立場から学び、志を持って自ら選んだ道を進んでいく、そのための力を育成します。

2. 女子教育

自己と向き合うことは、女性であることと向き合うことでもあります。

人間としての生き方や社会のあり方を女性の立場から学び、志を持って自ら選んだ道を進んでいく、そのための力を育成します。

3. グローバル人材の育成

グローバル時代において活躍するためには、語学力は当然のこと、異文化を理解した幅広い視野のほか、コミュニケーション能力、論理的思考能力、問題解決能力などを身につけることが不可欠です。

このようなグローバル人材育成の学習環境の国際化を推進しています。

4. ICT教育

高度情報化社会を主体的に生きていくには、IT活用力が求められます。

IT活用力を育成するために、学内向けポータルサイト「筑女ネット」をLMS(Learning Management System:学習管理システム)として多用しています。

その他にも、パソコン関連施設やソフトウェア、Wi-Fi設備の充実を推進しています。

4. ICT教育

高度情報化社会を主体的に生きていくには、IT活用力が求められます。

IT活用力を育成するために、学内向けポータルサイト「筑女ネット」をLMS(Learning Management System:学習管理システム)として多用しています。

その他にも、パソコン関連施設やソフトウェア、Wi-Fi設備の充実を推進しています。

5. 地域や企業と連携して学ぶ

社会が抱える問題を発見し、解決策を見出し、自らが率先してそれを遂行していく能力、すなわち社会的問題解決能力を養成していくことが、社会のニーズとして強まっています。

このような社会背景もあり、さまざまな地域、企業と連携し、課題解決に向き合っています。

6. 少人数教育

一人ひとりの個性や能力に合わせて、きめ細やかに指導を行っています。

学部におけるクラスサイズは、約830講義が20人以下。少人数でディスカッションやグループワークを行う、能動的な授業も数多く取り入れています。

6. 少人数教育

一人ひとりの個性や能力に合わせて、きめ細やかに指導を行っています。

学部におけるクラスサイズは、約830講義が20人以下。少人数でディスカッションやグループワークを行う、能動的な授業も数多く取り入れています。