教員情報Researcher

栗木 明裕(クリキ アキヒロ)

教員名

栗木 明裕(クリキ アキヒロ)
筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 准教授

主な担当科目

大学院
学部 卒業ゼミナールⅠ、卒業ゼミナールⅡ、ウエルネス・スポーツⅠ、ウエルネス・スポーツⅡ、ウエルネス・スポーツ論、基礎専門ゼミナールⅠ、基礎専門ゼミナールⅡ、専門ゼミナールⅠ、専門ゼミナールⅡ、ヘルスプロモーション、ストレスマネジメント

研究分野 又は 実務経験分野

複合領域 > 健康・スポーツ科学 > スポーツ科学
複合領域 > 健康・スポーツ科学 > 応用健康科学

学位

修士(スポーツ健康科学)

最終学歴

[ 平成8年3月 ]
筑波大学体育専門学群卒業

[ 平成11年3月 ]
国立療養所箱根病院附属リハビリテーション学院理学療法学科卒業

[ 平成24年3月 ]
福岡大学大学院スポーツ健康科学研究科博士課程前期修了

主な職歴

[ 平成11年4月 ]
聖峰会マリン病院

[ 平成24年4月 ]
筑紫女学園大学・短期大学非常勤講師

[ 平成24年9月 ]
西日本短期大学非常勤講師

[ 平成25年4月 ]
福岡大学非常勤講師

[ 平成26年4月 ]
筑紫女学園大学文学部英語メディア学科専任講師

所属学会

日本体力医学会、日本水泳・水中運動学会、九州・山口スポーツ医科学研究会、日本臨床スポーツ医学会、日本心理学会、日本ストレスマネジメント学会

研究内容のキーワード

  • スポーツ医学
  • 健康教育
  • ストレスマネジメント

主な社会活動

  • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(水泳医・科学スタッフ)

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[平成29年10月 ]
「第17回世界水泳選手権大会(2017/ブダペスト)オープンウォータースイミング(OWS)トレーナー帯同報告」 論文 単著 水と健康医学研究会誌VOL.20(1)p.15-20

[ 平成30年4月 ]
「本学学生の過去5年間の体力推移−2009年度から2013年度の調査より−」 論文 共著 筑紫女学園大学研究紀要2018(13)p.225-236

[ 平成30年8月 ]
「高校生競泳選手に対するメディカルチェックの取り組み〜第一報〜」 論文 共著 九州・山口スポーツ医科学研究会誌VOL.30p.15-20

[ 平成31年1月 ]
「小学校体育実技の鉄棒運動に関する基本調査−逆上がりを中心に−」 論文 共著 筑紫女学園大学研究紀要2019(14)p.131-142

[ 令和2年1月 ]
「大学生アスリートの学業不振と心理的競技能力との関連性−大学生競泳選手を対象にした後方視的研究−」 論文 共著 筑紫女学園大学研究紀要2020(15)p.195-203

[ 令和2年6月 ]
「大学生競泳選手の心理的競技能力と日常・競技ストレッサーにおける性差の検討」 論文 共著 九州・山口スポーツ医科学研究会誌VOL.32p.85-90

主な著書、論文

[ 平成25年11月 ]
「競泳選手のクロール泳動作中の膝関節可動域および筋活動について―反張膝に着目して―」 論文 共著 福岡大学スポーツ科学研究44(2),p.67-75

[ 平成26年1月 ]
「Difference of hydrodynamic force on foot between front crawl 6-beat and flutter kicking」 論文 共著 XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming Proceedings p.152-157

[ 平成26年11月 ]
『水泳コーチ教本』第3刷 著書 共著 大修館書店「第1章,6説,コンディショニングの実際」,p137-140

[ 平成27年3月 ]
「女子大学生の自己体型認識とBody Mass Index及び体脂肪率との関係」 論文 単著 筑紫女学園大学教育実践研究創刊号p.96-102

[ 平成27年7月 ]
「国民体育大会における福岡県競泳チームのトレーナー活動報告〜2012年から2014年までの活動より」 論文 共著 九州・山口スポーツ医科学研究会 誌VOL.27,p.8-13

アピールポイント

心とカラダのコンディショニングをテーマに研究しています。