教員情報 Researcher

橋本 嘉代(ハシモト カヨ)

教員名

橋本 嘉代(ハシモト カヨ)
筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 准教授

主な担当科目

大学院
学部 メディアコンテンツ演習、家族社会学、基礎専門ゼミナールⅠ、基礎専門ゼミナールⅡ、現代社会とメディア、出版論、専門ゼミナールⅠ、専門ゼミナールⅡ、卒業ゼミナールⅠ、卒業ゼミナールⅡ、調査データの読み方、日本語コミュニケーションゼミナール、社会学基礎B(家族)

研究分野 又は 実務経験分野

社会科学 > 社会学 > 社会学

学位

修士(社会学)

最終学歴

[ 平成4年3月 ]
上智大学文学部新聞学科卒業

[ 平成21年3月 ]
立教大学大学院 社会学研究科 社会学専攻 博士課程前期課程 修了

[ 平成26年3月 ]
お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ジェンダー学際研究専攻 単位修得退学

主な職歴

[ 平成4年4月 ]
(株)集英社入社(『COSMOPOLITAN日本版』『MORE』編集部)

[ 平成23年4月 ]
東京国際大学 国際関係学部 非常勤講師

[ 平成24年9月 ]
独立行政法人 労働政策研究・研修機構 臨時研究協力員

[ 平成26年4月 ]
筑紫女学園大学 文学部英語メディア学科 講師

所属学会

日本社会学会、日本マス・コミュニケーション学会、日本出版学会、日本家族社会学会、一般社団法人社会調査協会

研究内容のキーワード

  • メディアとジェンダー
  • 出版メディア
  • 雑誌
  • ソーシャルメディア

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成24年11月 ]
「育児期の男性を対象とする雑誌における新たな父親像の商品化」 論文 単著 『生活社会科学研究』 第19号 p.1-14

[ 平成27年6月 ]
「現代の母親向けの新雑誌にみるロールモデル―“ワーク”と“ライフ”の描かれ方に注目して」 単著 『出版研究』第45号

[ 平成28年1月 ]
「現代社会における『片づけ』という行為の意味:片づけコンサルタント・近藤麻理恵の『人生を変える』片づけ術に注目して」 論文 単著 『筑紫女学園大学・筑紫女学園大学短期大学部紀要』第11号 p.67-75

[ 平成29年3月 ]
「父親としての意識と理想像の追求が男性の働き方と家庭内外に及ぼす影響」労働政策研究報告書 No.192『育児・介護と職業キャリア―女性活躍と男性の家庭生活―』報告書 その他 共著 独立行政法人労働政策研究・研修機構 p.135-156.

[ 平成29年4月 ]
「ライフスタイルの多様化と女性雑誌:一九七〇年代以降のセグメント化に注目して」『雑誌メディアの文化史:変貌する戦後パラダイム[増補版]』 著書 共著 森話社

主な著書、論文

[ 平成23年3月 ]
「女性雑誌にみられる「働くこと」の意味づけの変容」 論文 単著 『人間文化創成科学論叢』 第13号  p.339-347

[ 平成24年9月 ]
『雑誌メディアの文化史:変貌する戦後パラダイム』 著書 共著 森話社 p.163-188

アピールポイント

社会で望ましいとされる男性/女性像の生産・表象・消費の過程とメディア・政策の関連性を研究しています。