教員情報Researcher

松本 和寿(マツモト カズヒサ)

教員名

松本 和寿(マツモト カズヒサ)
筑紫女学園大学 人間科学部 人間科学科 初等教育・保育専攻 教授

主な担当科目

大学院
学部 卒業論文、卒業ゼミナールⅠ、卒業ゼミナールⅡ、教育史、社会科教育法Ⅰ、社会科教育法Ⅱ、教職実践演習(幼・小)、初等教育実習Ⅰ、初等教育実習Ⅱ、特別活動指導論、教育時事の理解、人間科学プレゼミナール、初等教育特殊講義Ⅲ、特別活動及び総合的な学習の時間の指導法

研究分野 又は 実務経験分野

社会科学 > 教育学 > 教育学

学位

修士(教育学)

最終学歴

[ 平成24年3月 ]
九州大学大学院人間環境学府博士後期課程教育システム専攻単位取得満期退学

主な職歴

[ 平成元年4月 ]
長崎県長崎市公立小学校 教諭

[ 平成 9年4月 ]
長崎大学教育学部附属小学校 教諭

[ 平成18年4月 ]
長崎県教育センター 指導主事

[ 平成20年4月 ]
長崎県教育庁義務教育課 指導主事

[ 平成23年4月 ]
筑紫女学園大学人間科学部人間科学科 准教授

[ 平成28年4月 ]
筑紫女学園大学人間科学部人間科学科 教授

所属学会

日本教育学会、教育史学会、日本社会科教育学会、九州教育学会

研究内容のキーワード

  • 社会科における教育評価の史的分析
  • 社会科教育法

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成28年8月 ]
「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究-「全国小・中学校児童生徒学力水準調査」に関わる地方教育委員会の動きを中心に-」 論文 単著 『九州教育学会研究紀要』第43号

[ 平成28年8月 ]
「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究〜新制高等学校入学者選抜に係る学力検査問題を中心に〜」 論文 単著 『筑紫女学園大学人間文化研究所年報』第27号

[ 平成30年3月 ]
「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価方法とその影響-国立教育研究所及び日本教育学会による学力調査の分析-」 論文 単著 『社会科教育研究』第133号

[ 令和2年3月 ]
「小見山栄一の「教育評価」論と5段階相対評価-戦後教育改革期の教育評価-」 論文 単著 『教育方法学研究』第45巻

[ 令和2年10月 ]
「戦後教育改革期の指導要録における「教育評価」機能の検討-「累加記録摘要」(1949)を中心に-」 論文 単著 『日本の教育史学』第63集

主な著書、論文

[ 平成29年1月 ]
「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究〜小学校社会科における態度に関する評価方法の検討〜」 論文 単著 『筑紫女学園大学研究紀要』第12号

[ 平成30年1月 ]
「戦後教育改革期の「学力低下」批判と学力調査」 論文 単著 『筑紫女学園大学研究紀要』 第13号

[ 令和3年3月 ]
『新修宗像市史』 著書 共著 ぎょうせい  執筆担当「第一章 宗像教育の伝統 第二節~第五節」

外部資金獲得状況

  • 基盤研究C「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究」(平成27年度〜平成29年度)
  • 基盤研究C「戦後教育改革期の標準学力検査に関する研究」(平成30年度〜令和3年度)
  • 基盤研究C「戦後教育改革期の「教育評価」に関する研究」(令和3年度~令和5年度)

アピールポイント

戦後教育改革期、社会科における道徳教育の結果を測定・評価した客観テストの内容やそれが学校に与えた影響等について研究しています。