教員情報 Researcher

出雲 俊江(イヅモ トシエ)

教員名

出雲 俊江(イヅモ トシエ)
筑紫女学園大学 文学部 日本語・日本文学科 教授

主な担当科目

大学院
学部 教育課程・方法論、教育実習Ⅰ、教育実習Ⅱ、教職実践演習(中・高)、近・現代文学演習Ⅰ、近・現代文学演習Ⅱ、国語科教育法Ⅰ、国語科教育法Ⅱ、女性と文学、卒業論文、中等教育実習指導、読書と豊かな人間性

研究分野 又は 実務経験分野

社会科学 > 教育学 > 教育学
人文学 > 文学 > 文学一般

学位

博士(教育学)

最終学歴

[ 平成21年3月 ]
広島大学大学院教育学研究科 博士課程後期修了

主な職歴

[ 昭和63年4月 ]
広島市立基町高等学校教諭

[ 平成20年4月 ]
県立広島大学人間文化学部非常勤講師

[ 平成22年4月 ]
広島大学教育学部非常勤講師

所属学会

全国大学国語教育学会、日本教育方法学会、日本デューイ学会、日本文学協会、国語教育史学会、中四国教育学会

研究内容のキーワード

  • 各教科の教育学(国語)
  • 教育思想
  • 教育史
  • 日本文学

主な社会活動

  • 俳句結社「天為」会員
  • 広島大学日本語作文についてのコンサルタント協力

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成24年5月 ]
教師の学びに学ぶ文学の授業 主体としての学習者と主体としての教師と」 論文 単著 国語教育思想研究 第4号pp.19-25

[ 平成25年8月 ]
「学習者主体」の授業実践構築にむけて〜TEMを参考にした文学作品の読みの授業から〜 論文 単著 筑紫女学園大学人間文化研究所年報第24号pp.103-114

[ 平成26年1月 ]
国語科教育「書くこと」実践の現在―全国学力調査 中学校問題Bへの対応を切り口として― 論文 単著 筑紫女学園大学・筑紫女学園大学短期大学部紀要 第9号p.1-10

[ 平成27年3月 ]
「池袋児童の村小学校における学習者主体教育1 ―教育の世紀社の教育構想に見る学習者主体―」 著書 単著 『国語教育学研究の創成と展開』pp.99〜108 渓水社

[ 平成28年4月 ]
『峰地光重の教育実践―学習者主体教育への挑戦―』 著書 単著 渓水社

主な著書、論文

[ 平成20年3月 ]
『赤い鳥』綴方における鈴木三重吉の人間教育 論文 単著 『広島大学大学院教育学研究紀要』第1部(学習開発関連領域)第57号pp.123-130

[ 平成21年9月 ]
『写生』の展開としての峰地光重実践―初期綴方実践から郷土教育へ― 論文 単著 全国大学国語教育学会『国語科教育』第66集 pp.43-50

[ 平成23年3月 ]
子どもの生活を照らし出す文学の授業―宮澤賢治作品の可能性― 論文 単著 中四国教育学会『教育学研究紀要』第56巻pp.49-54

[ 平成24年1月 ]
宗教的「問い」に向き合う教育実践についての一考察〜国語科教育の立場から〜 論文 単著 『筑紫女学園大学・筑紫女学園大学短期大学部紀要 第7号』pp.1-10

[ 平成24年10月 ]
デューイ実験学校の言語教育実践―峰地光重「生活学習」との比較から― 論文 単著 『日本デューイ学会紀要 第53号』pp.211-220

アピールポイント

学習者主体「池袋児童の村小学校」。子ども自身の言葉『赤い鳥』綴方。大正期の先進的教育実践を研究中です。