教員情報 Researcher

速水 良晃(ハヤミ ヨシテル)

教員名

速水 良晃​(ハヤミ ヨシテル)
筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 教授

主な担当科目

大学院
学部 環境と文明、環境学、環境問題の科学、現代社会特殊講義Ⅱ、資源とエネルギー、自然科学、生活の科学、総合講座(生命)

研究分野 又は 実務経験分野

数物系科学 > 物理学 > 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理
化学 > 複合化学 > 機能物性化学

学位

理学博士

最終学歴

[ 昭和56年3月 ]
九州大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程修了

主な職歴

[ 平成20年4月 ]
筑紫女学園大学短期大学部現代教養学科学科長

[ 平成26年4月 ]
筑紫女学園大学短期大学部長

所属学会

日本化学会、国際コロイドおよび界面科学者協会

研究内容のキーワード

  • 表面・界面
  • 膜・集合体
  • 超分子
  • 分子認識

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成30年2月 ]
Uptake of iron (III)-ethylenediamine-N,N,N′,N′-tetraacetic acid complex by phosphatidylcholine lipid film: Part I. Effect of bulk pH
Uptake of iron (III)-ethylenediamine-N, N, N′, N′-tetraacetic acid complex by phosphatidylcholine lipid film. Part II. Effect of film curvature 論文 共著 Chemistry and Physics of Lipids 210

主な著書、論文

[ 昭和58年7月 ]
Thermodynamic Study on Penetration of Pentadecanoic Acid Monolayer by Dodecylammonium Chloride 論文 共著 Bulletin of Chemical Society of Japan volume 56

[ 平成8年7月 ]
The Influence of Asymmetry in Drop Shape on an Interfacial Tension Measurement 論文 単著 Colloid & Polymer Science volume 274

[ 平成9年9月 ]
Surface crystallization and phase transitions of the adsorbed film of F(CF2)12(CH2)16H at the surface of liquid hexadecane 論文 共著 Langmuir volume13

[ 平成11年1月 ]
Adsorption of 1-mono-glycerides at the hexane/water interface Ⅰ. 1-Monomyristin 論文 共著 Journal of Colloid and Interface Science volume 209

[ 平成16年3月 ]
Surface Crystallization and Phase Transitions of the Adsorbed Film of F(CF2)12(CH2)16H at the Surface of Liquid Tetradecane 論文 共著 Colloid & Polymer Science Volume 282

アピールポイント

混ざらないという物性の相違を、数分子程度の厚みでバランスさせている界面やコロイドの研究をしています。