教員情報 Researcher

時里 奉明(トキサト ノリアキ)

教員名

時里 奉明(トキサト ノリアキ)
筑紫女学園大学 文学部 日本語・日本文学科 教授

主な担当科目

大学院
学部 ビジュアル日本史、卒業論文、日本史Ⅰ、日本史Ⅱ、日本文化演習Ⅱ、日本文化研究入門、博物館概論、博物館実習

研究分野 又は 実務経験分野

人文学 > 史学 > 日本史
社会科学 > 経済学 > 経済史

学位

文学修士

最終学歴

[ 平成10年3月 ]
九州大学大学院文学研究科(博士後期課程)史学専攻(国史学)単位取得満期退学

主な職歴

[ 平成21年4月 ]
筑紫女学園大学教務部長

[ 平成24年4月 ]
日本語・日本文学科学科長

[ 平成26年4月 ]
文学部長

[ 平成30年6月 ]
学術情報部長

所属学会

九州史学研究会、政治経済学・経済史学会、市場史研究会、経営史学会、福岡地方史研究会、社会経済史学会、九州産業考古学会、産業考古学会

研究内容のキーワード

  • 八幡製鉄所
  • 企業福祉
  • 労働者
  • 地域史

主な社会活動

  • 小郡市文化財保護審議会委員
  • 新修宗像市史編集委員会近代部会長
  • 太宰府市立図書館協議会委員長

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成26年3月 ]
新長崎市史 第3巻 近代編 著書 共著 長崎市

[ 平成26年3月 ]
近代小郡の国境問題-明治初期の津古空前 著書 単著 『故郷の花』第39号

[ 平成27年3月 ]
「佐々木正蔵小論-筑後川の「治水翁」と呼ばれて」 著書 単著 『故郷の花』第40号

[ 平成28年3月 ]
『安高団兵衛の記録簿-「時間」と競争したある農民の一生』 著書 単著 弦書房

[ 令和元年8月 ]
「幕末維新期における私塾と地域社会-筑後国御井郡の柳園塾」 論文 単著 筑紫女学園大学人間文化研究所『年報』第30号

主な著書、論文

[ 平成8年3月 ]
官営製鉄所における 労働組合同志会の活動- 1923年の職工税撤廃運動を中心に 論文 単著 福岡県史近代史料編労働乃九州(一)

[ 平成8年9月 ]
日露戦後における官営製鉄所と地域社会-製鉄所購買会と八幡町商業者の関係を中心に 論文 単著 九州史学第115号

[ 平成13年8月 ]
『筑後国』の分県運動-近代日本における地域の再編 論文 単著 筑紫女学園大学国際文化研究所論叢第12号

[ 平成15年1月 ]
第一次大戦後における重工業大経営の福利政策-官営製鉄所の日用品供給事業 論文 単著 経済学研究(九州大学経済学会)第69巻第3・4合併号

[ 平成15年3月 ]
福岡県史 通史編近代 産業経済(一) 著書 共著 福岡県

アピールポイント

専門は日本近代史、八幡製鉄所(労働者、地域社会)を研究しています。