教員情報Researcher

Stephen Paton(スティーヴン ペイトン)

教員名

Stephen Paton(スティーヴン ペイトン)
筑紫女学園大学 文学部 英語学科  准教授

主な担当科目

大学院
学部 卒業論文、Language and Culture、卒業ゼミナールⅠ、Conversation AⅠ、Reading and Writing BⅠ、Reading and Writing CⅠ、Conversation BⅡ、Core Oral EnglishⅡ、Reading and Writing CⅡ、卒業ゼミナールⅡ、専門ゼミナール
、Conversation AⅡ

研究分野 又は 実務経験分野

人文学 > 言語学 > 言語学

人文学 > 言語学 > 英語学

人文学 > 言語学 > 外国語教育

学位

Master of Education (TESOL)

最終学歴

[ 平成21年11月 ]
University of Wollongong (Australia)

主な職歴

[ 平成26年4月 ]
近畿大学 非常勤講師

[ 平成27年4月 ]
福岡大学 言語研究教育センター(現:共通教育研究センター) 常勤講師

[ 平成29年4月  ]
西南学院大学 非常勤講師

[ 令和2年4月 ]
中村学園大学 非常勤講師

[ 令和4年4月 ]
筑紫女学園大学文学部英語学科 准教授

所属学会

JALT (Japan Association for Language Teaching) (全国言語教育学会)
JALT College and University Educators Special Interest Group
Apple Distinguished Educators
International Association of Teachers of English as a Foreign Language

研究内容のキーワード

  • 英語教育
  • 外国語としての英語
  • コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング

主な社会活動

  • 全国言語教育学会福岡支部長

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成31年4月 ]
Eliciting student answers: finding what it takes 論文 単著 『PanSIG Journal 2018』

[ 令和2年7月 ]
Introducing Mnemonics to Japanese Students as a Vocabulary Learning Strategy 論文 単著 『Vocabulary Learning and Instruction』 9(1)

[ 令和2年10月 ]
Thought Experiments: Raising Awareness of Classroom Culture 論文 単著 『Explorations in Teacher Development』 26(2)

[ 令和3年12月 ]
Formative feedback for self-regulated online learning 論文 単著 『Independence』 (82)

[ 令和3年12月 ]
Reliance on Quizlet for Content and Assessment 論文 共著 『OnCUE Journal Special Issue』 (3)

主な著書、論文

[ 平成27年5月 ]
Encouraging active participation with response cards 著書 共著 『The 2014 PanSIG Conference Proceedings. Miyazaki, JALT』

[ 平成27年11月 ]
Teacher auto-pilot: Becoming aware of energy-draining classroom habits  論文 単著 『Conversations with the Self: Reflective Practice and Teacher Development』 1(1)

[ 平成28年10月 ]
TOEIC Part 1 With Funny Pictures 著書  単著 『 New Ways in Teaching With Humor. Alexandria, TESOL Press』

[ 平成29年5月 ]
Shifting the goal posts 論文 単著 『English Teaching Professional』 (110)

[ 平成29年10月 ]
Repositioning Student Responsibility 論文 単著 『 Explorations in Teacher Development 』 24(1)

アピールポイント

オーストラリアと日本で18年間、コミュニカティブ・ランゲージティーチングをしています。
教育テクノロジーのスペシャリスト、Apple Distinguished Educatorとして現代的な教育の研究をしています。