教員情報 Researcher

Christie Provenzano(クリスティ・プロヴェンザーノ)

教員名

Christie Provenzano(クリスティ・プロヴェンザーノ)
筑紫女学園大学 文学部 英語学科 准教授

主な担当科目

大学院
学部 Core Oral EnglishⅠ、Core Oral EnglishⅡ、Conversation BⅠ、English Meaning and Use Ⅰ、English Meaning and Use Ⅱ、Tourist English、Reading and Writing BⅠ、Reading and Writing BⅡ、Reading and Writing CⅠ、英語コミュニケーション入門、卒業ゼミナールⅠ、卒業ゼミナールⅡ、卒業論文

研究分野 又は 実務経験分野

人文学 > 言語学 > 英語学

人文学 > 言語学 > 外国語教育

学位

Master of Education (TESOL)

最終学歴

[ 平成14年1月 ]
Temple University (Japan)

主な職歴

[ 平成15年4月 ]
久留米大学・九州大学・九州医療センター付属福岡看護助産学校 非常勤講師

[ 平成16年4月 ]
福岡大学 専任(外国語)講師

[ 平成23年4月 ]
福岡女子大学国際文理学部 専任講師

[ 平成26年4月 ]
熊本学園大学外国語学部英米学科 講師

[ 平成31年4月 ]
筑紫女学園大学文学部英語学科 准教授

所属学会

JALT(全国語学教育学会);  JALT Bilingualism Special Interest Group; JALT Study Abroad Special Interest Group

研究内容のキーワード

  • TESOL(英語教授法)
  • バイリンガリズム
  • 留学

主な社会活動

  • APCC(NPO法人アジア太平洋こども会議・イン福岡)ボランティア (校正,通訳)
  • NPO法人 キャットニップ  ボランティア

研究業績

過去5年間の主な著書、論文

[ 平成27年 ]
「How families can collaborate on English education」 論文 単著 『The 2014 JALT PanSIG Conference Proceedings』

[ 平成27年 ]
「Continuing Bilingual Child-raising after a Divorce: An Interview」 論文 単著 『Bilingual Japan』 (23)3.

[ 令和元年 ]
「Bukatsu vs. Bilingualism?」 論文 単著 『Bilingual Japan』(28)1.

主な著書、論文

[ 平成22年 ]
「Tried and Tested: Expanding Speaking Opportunities for EFL Students」 論文 共著 『Fukuoka University Language Education and Research Center: Annual Review of Language Learning and Teaching』9.

[ 平成23年 ]
「Take it Outside! - Speaking Homework for English Communication Classes」 論文 共著 『Journal of Intercultural Communication Studies』 20(2).

[ 平成24年 ]
「Teacher blogs: Expanding the Classroom and Empowering Students」 論文 共著 『TESOL Interfaces』6(1).

[ 平成25年 ]
「A Different Sort of Normal: Family Roles for a TCK Teenager」 論文 共著 『Third Culture Kids and their Families: Bilingualism Special Interest Group of the Japan Association for Language Teaching Monograph』16.

 

アピールポイント

外国語教育(バイリンガル教育)についての研究が中心をなしています。コミュニケーション能力の育成の面、文化面でのアイデンティティ形成への影響などバイリンガル教育を多面的に掘り下げる研究を行っています。