筑紫女学園大学webサイト http://www-new.chikushi-u.ac.jp/ 筑紫女学園大学からのお知らせ 公開講座「文学と南(5)」①を開催しました。【生涯学習センター】 http://www.chikushi-u.ac.jp/info/view/831  10月14日(土)、福岡市赤煉瓦文化会館にて公開講座「文学と南(5)喜界島の文学と風土―芥川賞と直木賞・安岡伸好と安達征一郎の世界―」の第1回目「奄美群島の文学と風土」が開催され、文学部教授の松下博文先生が講師を務められました。  最初に奄美出身の文学者、芸術家、思想家が生年月日順に20名取りあげられました。明治11年生まれの昇曙夢(ロシア文学者・瀬戸内町加計呂麻島出身)、明治38年生まれの泉芳朗(詩人・徳之島町伊仙町出身)、大正7年生まれの安岡伸好(小説家・喜界島出身)、大正15年生まれの安達征一郎(小説家・東京で生まれ、喜界島で少年期を過ごす)等、あまり聞いたことがない名前ばかりでした。しかし、安岡伸好と安達征一郎は芥川賞と直木賞の候補となり、優れた作品を残した作家でした。 次に、彼らが育った奄美群島がどのような地理的空間だったのか、実際に地図で確認しながらその特異性について学んでいきました。さらに、これらをふまえて、沖永良部出身の一色次郎、ルーツを沖永良部にもつ干刈あがた、安岡伸好、安達征一郎、沖縄出身の大城立裕の経歴と作品のあらすじが紹介されました。 説明を聞くうちに、「奄美」から見た「薩摩」(日本)、「琉球」(沖縄)の境界が見えてきました。そして、彼らの作品には奄美や沖縄の独特な歴史や地理的空間、それによって育まれたアイデンティティーが大きく影響していることを理解することができました。 私たちはつい沖縄にばかり目を向けてしまいがちですが、「薩摩」(日本)と「琉球」(沖縄)から引っ張られる「奄美」の存在にも注目していくべきだと思いました。  会場からは今回このような講座が開かれたこと、奄美出身の文学を知れたことを喜ぶ声が聞かれました。また、奄美出身者の方も何人かいらしており、奄美での思い出やどのような生活をしていたか、どのように境界を感じていたかなど貴重なお話を伺うことができました。講座終了後、松下先生のもとに質問に来られる方が何人もおられ、大変活気溢れる講座となりました。 報告/文学部 日本語・日本文学科4年 山口光莉(公開講座サポーター) *今後の予定は、以下のとおりです。②10月21日(土)~喜界島と安岡伸好・安達征一郎~コーディネーター: 松下博文(文学部教授)ゲスト: 石田里沙(安達征一郎氏ご遺族) 北島公一(郷土史研究家) 積山泰夫(喜界町教育長) ●公開講座の詳細・受講申込みはこちら↓↓↓↓http://www.chikushi-u.ac.jp/campaign/lecture/ Tue, 17 Oct 2017 00:00:00 +0900 老人福祉施設協議会南ブロックのレクリエーション大会に参加しました【社会福祉コース】 http://www.chikushi-u.ac.jp/info/view/830 社会福祉コースの学生15名と教職員3名が、老人福祉施設協議会南ブロックのレクリエーション大会にボランティアスタッフとして参加しました。 特別養護老人ホームや養護老人ホーム、ケアハウスなどに入所されている高齢者の皆さんが年1回集まる秋の運動会です。 ゲームの運営や会場の整理などを行い、高齢者の皆さんが安全に楽しい時間を過ごすことができるようにサポートしました。 Mon, 16 Oct 2017 00:00:00 +0900 公開講座「第24回仏教学研究室公開講義」①を開催しました。【生涯学習センター】 http://www.chikushi-u.ac.jp/info/view/829  平成29年10月7日(土)に大牟田文化ホールにおいて、第24回仏教学研究室公開講義「ビジュアル~親鸞の歩んだ道~①青年期の親鸞」を開催しました。講師は人間関係専攻准教授の宇治和貴先生です。  まず初めに、親鸞の生涯について、実際に関東・越後・京都の地図を用いて、親鸞がどのような生涯を歩んだのか、足跡をたどる形で説明していただきました。9歳で出家し、29歳までの20年間比叡山で修行されていたことや、36歳に罪人として越後へ流罪されたこと、42歳に越後から関東に行き、60歳過ぎに関東から京都に戻ったということが分かりました。  また、親鸞は100日間、毎日比叡山と六角堂との約20㎞の距離を往復しながら、このまま比叡山に残るのか、法然の専修念仏に入るのか、毎晩悩んでいたそうです。そして、95日目の朝、専修念仏に入るというお告げを聖徳太子からされたという話がありました。それまでの20年間教えられ、正しいと思ってきたことをすべて否定せざるを得なかった事実を知りました。  今回の講義では、沢山の写真を用いて説明して下さりました。特に興味深かったのは、親鸞が生まれた時に使われたと言われている「産湯の井戸」や、へその緒が埋めてあるという「ゑな塚」の場所が比較的新しい時代に制定されたものであるという点でした。江戸時代後期からあるとされる、これらの親鸞ゆかりの地ですが、親鸞が生まれた時から、後に歴史に名を残すような人物になると分かっていたはずはないという話を聞きながら、多方面からの視点を持つことの大切さを考えました。  また、親鸞の生涯について、歴史的な事実と、『親鸞伝絵』や『御伝承』により伝えられていることには相違点があるということが分かりました。例えば、親鸞の師は慈円とされていますが、歴史的な見方をしていくと、慈円ではないと言わざるを得ないという話がありました。『親鸞伝絵』や『御伝承』を書いたとされる覚如が、自分の先祖を高貴な者とすることによって、自分自身の貧しい生活を脱却したいと考え、歴史を上手に作ったという話が興味深かったです。今回の講義を通して、浄土真宗が表明している見解と、史料に基づく説の相違点を学ぶことができ、より一層、親鸞聖人の生き方について興味を持つことができました。 報告/人間科学部人間科学科幼児保育コース4年 稲田愛貴(公開講座サポーター) *今後の予定は、以下のとおりです。②10月14日(土)専修念仏にであった親鸞~専修念仏入門・弾圧・流罪~講師:栗山俊之(現代社会学部教授)③10月21日(土)越後から関東へ旅する親鸞~越後・佐貫の三部経千回読誦~講師:金見倫吾(非常勤講師)④10月28日(土)関東時代の親鸞~関東での伝道・『教行信証』の制作~講師:栗山俊之(現代社会学部教授)⑤11月11日(土)晩年の親鸞~善鸞義絶事件・往生~講師:宇治和貴(人間科学部准教授) ●公開講座の詳細・受講申込みはこちら↓↓↓↓http://www.chikushi-u.ac.jp/campaign/lecture/ Wed, 11 Oct 2017 00:00:00 +0900 文学部アジア文化学科教授の大津忠彦 教授が、日本学術振興会理事長から「有意義な審査意見を付していただいた専門委員等」として表彰されました http://www.chikushi-u.ac.jp/info/view/828 大津教授は、独立行政法人日本学術振興会の「特別研究員等審査会専門委員(書面担当)及び国際事業委員会書面審査委員」を担当されており、このたび日本学術振興会から、平成28年度の特別研究員事業等の審査について、有意義な審査意見を付していただいたとして平成29年7月31日付で表彰状が授与されました。 Wed, 11 Oct 2017 00:00:00 +0900 マレーシアの自然と環境問題研修を実施しました http://www.chikushi-u.ac.jp/info/view/827 9月10日~18日、マレーシアの自然と環境問題研修を実施しました。 マレーシアでカワウソの研究を長年している佐々木教授引率のもと、現代社会学部 環境共生社会コース、英語学科、日本語・日本文学科の学生10名が参加しました。 初めてのマレーシア研修でしたが、無事に、また楽しみ、しっかりと成長して帰国しました。 自然体験としては、象サンクチュアリーで、特別に象舎の中に入ってのサトウキビの給餌、タマンネガラ国立公園での、熱帯林の林冠(一番高いところ)の吊り橋を歩いて森の立体構造を観察するキャノピーウォーク、4人乗りの細長いボートで川をめぐるボートライド、世界一高い?木の記念写真など盛りだくさん。オランアスリと呼ばれている先住民の村も訪ねました。 環境問題のメインは、アブラヤシプランテーションの見学です。見渡す限りプランテーションが続き、その中に、工場、学校、売店、食堂、ヒンッドゥー寺院など何でもある村があります。プランテーションでは、アブラヤシの実を実際に切り取る体験もしました。工場では油を搾り取る過程を見学しました。アブラヤシの油は、日本も大量に輸入し、サラダ油などに使っています。持続可能な開発がアブラヤシのプランテーションで可能なのか現場で考えました。 Wed, 11 Oct 2017 00:00:00 +0900