文字サイズ変更

学生生活

障がいのある学生への支援

4. 支援の流れについて

出願(受験)をお考えの方
受験上特別に配慮を要する場合のお問い合わせについて
身体等の障害などにより受験時や入学後の修学に際して支援を希望する方は、出願期間の1ヶ月前までにお問い合わせください。

出願(受験)時の支援の流れ

1. 問い合わせ

問い合わせ窓口は、入試課です。出願時・受験時に支援を希望される場合は、電話・電子メール・郵便・来課等にてお問い合わせください。お問い合わせの段階で「入学試験における支援相談票(様式1-2)」の記入方法を入試課員から説明しますので、必要事項を記入し入試課へ提出してください。

〈問い合わせ先〉入試課

TEL :092-925-3591
E-Mail nyuushi@chikushi-u.ac.jp
受付時間 :月曜日〜金曜日 9時〜17時
(本学休業日を除く)
2. 面談・支援申請

面談は、支援内容・範囲等について、お互いに共通認識を得るために行います。問合わせ時に作成した「入学試験における支援相談票」を元に更に詳しい要望を聴き取り、必要に応じて学内施設を見学し、本学への出願、受験に必要な支援を確認します。その後、「入学試験における支援申請書(様式2-2)」の記入方法などを説明しますので、診断書等の関係書類とともに後日提出してください。また、障害・怪我・疾病の種類や程度等について関係教職員等で情報を共有することについての同意書の提出も必要です。

3. 大学での検討

提出された「支援申請書」に基づいて、配慮の提供の可否や程度、範囲などが検討され、当該学生に対する支援計画(案)を作成します。

4. 支援計画案の通知

支援計画案は、可能な限り面談にて説明の上、通知します。

5. 支援計画の学内周知

確定した支援当初計画は、学内に周知され実施されます。

6. 支援の終了

当該受験生の入学試験が終了した時点で、支援計画は実行されたものとして、当該受験生の入学試験における支援は終了します。

合格した場合のその後の手続きについて
当該受験生が、入学試験に合格し、本学への入学意思があり、入学後の学生生活において支援を求める場合は、新たに手続きが必要です。支援を希望される場合は、通常の入学手続きと同時期に「学習支援センター障がい学生支援室」へお問い合わせください。