文字サイズ変更

学生生活

障がいのある学生への支援

2. 筑紫女学園大学における障がいのある学生支援に関する方針

筑紫女学園大学は、以下の基本方針等に基づき、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害その他の心身の機能の障害がある学生(以下「障がいのある学生」という)に対する支援を行う。

ただし、これらの方針等は本学における支援に関する基準・根幹を定めたものであり、支援内容については、文部科学省による「障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針」並びに本学が定める「障がいのある学生に対する支援ガイド」に基づき、障がいのある学生並びにその保護者と十分な協議を経た上で決定する。

1. 基本方針

筑紫女学園大学は、本学に在籍する障がいのある学生が、障がいのない学生と同じ環境や条件のもとに学生生活を送ることができるよう、授業保障・情報保障を中心に修学支援を行う。また、障がいのある学生が安全かつ円滑に学生生活を送れるよう、キャンパスのバリアフリー化に配慮する。

2. 支援の目的

本学の障がいのある学生に対する支援は、支援により学生の修学が実りあるものとなることを願いつつ、支援活動を通じて学生と支援者とが障害に対する理解を深め、すべての人々がお互いを尊重し認め合いながら生きる社会の実現に寄与できる場となることを目指す。

3. 支援体制

本学における障がいのある学生の支援者は、本学の教職員及び障がいのある学生を支援する本学の学生・学生組織とし、必要に応じて学外の障害者支援機関や専門家等とも連携を図る。本学は、障がいのある学生への支援を全学的に行うために、学習支援センターに「障がい学生支援室」を設置する。支援部署は、障がいのある学生の入学前相談、障がいのある学生への具体的な支援・相談対応、障がいのある学生の学生生活環境整備(修学時の配慮要請、支援機器の整備及び学内施設改修提案を含む。)、教職員や関係部署並びに支援者間の連携支援が適切に行われるための調整を行う。また、障がいのある学生支援に関する研修や啓発活動を実施する。

4. 個人情報の保護と守秘義務

障がいのある学生の支援者は、支援をする上で知り得た障がいのある学生の個人情報(障害や相談の内容を含む。)の管理を厳密に行い、第三者に個人情報の開示や提供が必要な場合は、必ず本人の同意を得るものとする。ただし、障がいのある学生への連携支援を行うために必要と本学が判断した場合、集団守秘義務を十分に遵守しつつ支援者間で個人情報の共有を行うことができる。

5. 情報の公開

障がいのある大学進学希望者や学内の障がいのある学生に対し、本学の受け入れ姿勢・支援に関する方針等について情報公開し、社会に対する説明責任を果たす。