筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クイーンズ大学

Ma. I さん (英語学科 )

小郡高等学校(福岡)

Halloween!
Oct . 2010
カナダはとても寒くなってきました。10月の終わりごろから急激に寒くなり、ハロウィンの日にはうっすらと雪が積もりました。福岡で生まれ育った私にとって、10月から雪が降ることが衝撃的で、これからやって来る極寒の冬に少し不安も感じています。しかし冬になると、スケートやスキーなどのウィンタースポーツが楽しめるようです。とくにスケートは湖が凍り、そこでスケートができるようで学校でもスケート靴の貸し出しを行っていることも聞きました。普段手軽にウィンタースポーツを楽しむチャンスはないので、今からとても楽しみにしています。
 10月といえば、最大のイベントはハロウィンです。もちろんスクールオブイングリッシュでもハロウィンパーティーが行われなした。みんなかわいい衣装だったり、怖い衣装だったり多種多様でとても面白かったです。ハロウィン会場の一室ではハロウィンにちなんで怖い話をしました。部屋の電気も消し、上手い具合に差し込む月明かりだけという状況がさらに怖さを引き立ててくれました。10月31日のハロウィン当日にはホストファミリーと一緒にトリックオアトリートで近所をまわりました。子どもたちも気合いの入った仮装でとてもかわいらしかったです。顔見知りではない家庭もまわりましたが、とてもフレンドリーで必ず仮装を褒めてくれていました。小学生のホストブラザーは駆け回ってトリックオアトリートを行った結果、2袋いっぱいのお菓子をゲットしていました。その日の昼に雪が降ったこともあり、夜はとても寒かったですが、日本ではできない経験をまた一つ経験できてうれしかったです。ハロウィンという行事が日本にもあって、私が子どものころにあったなら、ものすごく楽しい行事だったのだろうなあと感じました。
 学校は1セッションの半分が終わりました。宿題の量もだんだんと増えてきて、授業のスピードも速くなってきました。けれどもそれを苦に思わない自分をみると、少し力がついてきたのかな?とも思います。ランチタイムには違うクラスの人と話ができてとても楽しいです。きっとこの楽しい時間があるから、毎日の学校が楽しく、週末には学校が待ち遠しくなるのだろうと思います。
 カナダにきて、2か月が過ぎてしまいました。最近は本当に1日1日があっという間に過ぎていくのを感じます。私はセメスター留学ですが、7か月では物足りないというのが私の今の率直な思いです。多くの人と話をして、英語ができるようになるだけでなく、さらに自分にプラスになることも得られればいいなあと思います。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る