筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

Mi. T さん (英語学科 )

筑紫中央高等学校(福岡)

SYDNEY!!
Oct . 2010
SYDNEYに来て1カ月がたちました。こっちの季節は今、春になったばかりで、朝晩以外は半そでで過ごせるくらいの暖かさです。日光はたまに痛いくらいの強さです。また風が強くすごく寒い日もありますし、真夏並みにすごく暑い日もあるので、調節が難しいです。雨はあまり降らないのですが、降るときは激しく短時間です。
なんといってもオーストラリアの人はみんな気さくでよく話しかけてくれます。電車が遅れていたときは、隣の少し大きな駅まで一緒にしゃべりながら走ったり、毎朝通る道にいる工事現場の方たちもHELLO!HOW ARE YOU?と話しかけてくれたり、デパートの店員さんとも仲良くなり、話すのがとても楽しいです。
物価は、基本的には高く感じますがその分量も多いので安いのかもしれません。ファーストフードなどはセットで$8−$10です。最初はお昼ごはんを買って食べていましたが、最近はスーパーで材料を買って作って持って行っています。料理できないので、ホストマザーに教えてもらいながら、レパートリーを増やしていっています。
学校は、オペラハウスやダーリングハーバーがあるCITYから電車で30分くらいのWESTMEADというところにあります。ホームステイ先からも徒歩+電車で30分くらいのところです。学校に日本人はほとんどいなくて5人前後です。わたしのクラスは16人の生徒がいます。日本人はわたし一人で、クラスメートは韓国3、香港1、サウジアラビア3、ジョーダン1、リビア2、クウェート3、ベトナム2出身です。クラスでは文法、聴き取り、スピーキング、ディスカッション、レポート、プレゼンテーションの仕方などを学んでいます。今は、MID−TERM EXAMが終わったところで、1SESSIONの半分が過ぎたところです。
週末は、BLUE MOUNTAINやWOLLONGONGへ観光に行きました。そこで感じたことは、とにかく自然がいっぱいということと、空が大きい!広い!ということです。日本にいるときは雲が近く動きも間近に見ることができましたが、空を見上げるたびに、オーストラリアに来たんだと実感がわきます。
1日1日余裕のある生活ができるのでいろんなことに挑戦したり、ベランダに座って近所の人と話したり、すごくリラックスして過ごすことができています。
 
 
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る