筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

吉森 真子 さん (英語学科 )

唐津西高等学校(佐賀)

一歩踏み出す勇気
Nov . 2017
一か月が経ち、ようやく周りの環境に慣れ、落ち着いて生活ができています。来たばかりの頃は、何もかもが初めてで、失敗の繰り返しでした。しかし、その経験があったからこそ気付けたことも多く、とても貴重な経験をしていると実感しています。

 前回の目標でもあった、自分の意見を人前で話すことは、口頭プレゼンテーションで活かすことができました。私は、日本にいる外国の子供たちの教育面について発表しました。その後のディべートでは、先生やクラスメイトの意見を聞くことができ、違った側面から考える良いきっかけにもなりました。人前で話すのは、やはり恥ずかしく、背中を向けてしまいがちだったので、次回プレゼンテーションをする機会があれば、今回の改善点を糧にもっと自分らしいものを作りたいです。また、異なる国の学生のプレゼンテーションも、その人の個性があり、とても見ごたえのあるものが多く、良い刺激になりました。先生は、場数を積むことで、人前で話すことがうまくなると言われたので、自分にはまだまだこういった経験が必要だと思いました。

 ある日の授業中に先生が黒板に書きながら話された話が、今の自分にとても当てはまり、共感するものがありました。それは、人が未知の世界へ飛び出すことには大きなリスクがあるが、飛び出すことで、その人の視野を広げることになる、という話でした。ここに来て知らないことが多く、不安ばかりでした。しかし、一歩踏み出すことで、新しい発見をし、自分の中で自信につながりました。その経験の積み重ねで、もっと新しいことに挑戦したいと、前向きになれます。リスクに立ち向かうことから逃げずに何事にも挑戦し、失敗を繰り返しても、いつかは自分のためになっていたと気付けるような人になりたいです。

 残り4か月程になってきましたが、よく英語の発音や表現が違うことをルームメイトに指摘されます。自分の中で気づかない部分を、身近に教えてくれるので、とても有難いです。また、ここにきて多くの人に助けられています。そのたび、国が違っても相手を思いやる心はみな同じだと感じました。多国籍文化のオーストラリアだからこそ、様々な人種の人と話すことができます。その際、見た目や自分の固定観念で物事を決めることが間違っていると気づかされます。このような機会は自分の視野を広げたり、知識を身につける良い経験なので、これからも大切にしていきたいです。
 
 
 
1 | 2
トップページへ戻る