筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

マレーシア理科大学

原田 晴美 さん (英語学科 )

福岡舞鶴高等学校(福岡)

マレーシアに来て1週間   
Oct . 2017
マレーシアに来て1週間が経ちました。この1週間は主に学生VISAの申請の手続きや健康診断を行いました。学校内の病院で検診を受けているとUSMに交換留学で来ている日本人の女の子に声をかけてもらい、手続きを手伝ってもらいました。病院での専門的な英語は聞き取るのが大変で手続き等も難しかったのですごく助かりました。先週はその子と一緒にUSMのマレーシア人の友達の家に行き、寿司パーティを行いました。みんなで一緒に手巻き寿司を作り、マレーシア人が作ってくれた味噌汁と一緒に食べて、ゲームなどをしました。みんなとても親切で温かく迎え入れてくれたので感動しました。

休日はUSMの先生に紹介してもらった前のセメスターまで語学学校にいた日本人の子と中国人の友達と一緒にユネスコ世界遺産に登録されているジョージタウン観光に行きました。植民地時代の面影が残っていて街並みがすごく綺麗でした。小さな町の中にインド系、マレー系、中華系といった様々なお店や建物があり、歩いているだけで様々な国の文化を見ることができ、すごく楽しかったです。今週はドイツ領事館でオクトーバーフェストがあるので参加する予定です。

また、USMの学内には大きなモスクがあり、お祈りの時間になると大きな音が聞こえてきます。また、日本にもあるファストフード店にもにもハラルマークがついていたり、モールの中にお祈りのスペースがあったりと街中でイスラム教の文化を感じています。多民族国家のマレーシアでしか学べない文化についても学んでいけたらなと思っています。

授業は9日から始まったので、まだ1日しか受けていません。クラスはは主にアジアの国と中東の国の生徒が多いです。大学を一度卒業してから来ている人も多く、年代も様々です。日本人は私だけです。初めて授業を受けて、1番最初に感じたのが、アジア人の学生が消極的だと言う事です。先生の質問に中東の国から来ている学生は反応がいいのに対して、私を含めてアジアから来ている学生はあまり答えれていませんでした。日本人はライティング力は高く、スピーキング力が弱いようです。他の学生を見習って積極性に発言し、スピーキング力を伸ばせるように頑張っていきます。

今回、1人でマレーシアに来て、最初は戸惑うことばかりでたくさんの人に助けてもらいました。改めて日本にいる家族や友達の大切さを感じています。大変な事は多いですが、たくさん挑戦し、成長できるチャンスだと思います。留学に行かせてくれた家族への感謝の気持ちを忘れず、成長した姿を見せれるように頑張ります。

 
 
1 | 2
トップページへ戻る