筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

仁川大学(韓国)

相良 萌瑛 さん (現代社会学科)

聖和女子学院高等学校(長崎)

留学生活も残り2か月ちょっと
Oct . 2017
夏休みが終わり、韓国もだんだん寒くなってきました。
今月は特別なことはあまりなく平凡に過ごしました。

9月の中旬にダンスサークルの公演がありました。公演まであまり時間がなく毎日学校が終わってから夜遅くまで練習がありとても大変でしたが、本番はとても楽しく踊ることが出来たし一緒に踊った子たちとも前よりも仲良くなれたのでよかったです。
9月の最後から10月にかけてチュソクという大型の連休がありました。チュソクの初めの日に漢江で大きな花火の世界大会があり友達と花火を見に行きました。今年の花火大会では、イタリア、アメリカ、韓国の3つの国の花火を見ることが出来ました。たくさんの花火が打ち上りとてもきれいでした。毎年この花火大会があるときは夜の8時から打ちあがるのに昼の3時頃から場所取りをするのが普通と聞きましたが、私たちは5時過ぎに到着しました。場所はあきらめていましたが、しっかり場所も確保することが出来ました。その日は大体花火を待ちながらや花火を見ながらチキンやピザを食べながらお酒を飲んで過ごします。韓国に住んでいるほとんどの人がその場所に集まってるのではないかと思うくらいの人がいて、花火はとても見にくいです。とても大きな花火大会なので、韓国のあちこちから見ることが出来らしいので、穴場を見つけるといいと思います。

韓国での留学生活ものこり2か月ちょっとになりました。韓国に来たばかりの頃は韓国語も全くできず、日本に早く帰りたいという気持ちが強かったですが、今考えてみると早かったなと感じます。再来週には韓国語の能力試験と大学の中間テストがあります。これまで韓国で勉強してきた成果が出せるようにテストに備えてしっかり勉強したいと思います。また勉強ばかりではなく、残りの留学生活を楽しく送りたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る