筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

中国文化大学(台湾)

清田 彩乃 さん (アジア文化学科)

立花高等学校(福岡)

新学期の始まり
Oct . 2017
9月に入り台湾も新学期が始まりました。
 私は台湾についてすぐ様々なトラブルがあり、最初の一週間はとても忙しく大変な毎日でした。
しかし、そのトラブルがあったからこそ台湾人の方々の優しさに触れる事ができ、再確認することが出来ました。

台湾は9月スタートなので、新しく入ってきた留学生や本科では一年生が沢山居て前学期よりも賑やかな1か月でした。
新学期なので部屋も新しくなり、ルームメイトも変わりました。私の部屋には、中国人の子が3人。台湾人の子が2人。私の6人部屋でした。
前学期のルームメイトが皆優しかったので、今学期どんな人か緊張していたけど皆優しくてとても嬉しかったです。
ルームメイトの中に日本語学科ではないけど日本語を勉強している子が3人いるので、私に中国語を教えてくれる代わりに私が日本語を教える機会が出来てとても勉強になります。
また、台湾ではピンインではなく注音なので教えてくれる時にお互いに戸惑う事があるけど、今回のルームメイトは中国人の子もいるから学校と同じ勉強方法で学ぶ事が出来てとても楽しいです。
 ルームメイトはとても優しくて明るい子たちばかりなので、寮での生活は毎日楽しいです。

新しい授業では、9月スタートの台湾だから、前学期よりも少し内容が易しいなという印象を受けました。
こっちに来たばかりの時は耳も慣れていなかったので、毎日聞き取る事に精一杯だったけど、今学期は「前学期より少しは聞き取れるようになったのかな。」と実感することが出来ました。
でもまだまだ、中国語は上達が足りないので、積極的にもっと勉強して頑張らないといけないなと思いました。
 台湾人のお友達は優しい子が多いので積極的にご飯や遊びに誘ってくれます。
今学期はもっともっと中国語を理解し、色んな人と仲良くなり、色んな文化を知っていきたいと思っています。
まだ努力が足りていないと日々感じているので、毎日努力を積み重ねて生活していきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る