筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

大坪 礼佳 さん (アジア文化学科)

佐賀清和高騰学校(佐賀)

3学期目の授業に入りました
Sep . 2017
釜山は夏も終わりに近ずいてきて朝晩は寒くなってきました。韓国は衣替えの時期で最近は半袖ではなく、長袖を着て、過ごす程です。約1ヶ月の夏休みも終わり、3学期目の語学堂の授業が始まりました。

夏休みは、後半からソウルに2週間遊びに行きました。韓国に仲のいい筑女のお友達が遊びに来るので集まりました。丁度韓国に研修に来ていた子と仁川大学に留学中の井手さんと私と遊びに来てくれたお友達の5人で集まったのですが、とても楽しく、色々な場所を観光したり体験をしたりしました。やはり、外に出ると必然的に韓国語を使う機会が増えるのでとてもいい経験になったと思います。また、必然的に韓国語を使うイベントに行くことも必要だと感じました。私の場合は、机に向かって勉強することがあまり長時間続かないタイプなので、私のようなタイプの人は、たまには外に出て必然的に韓国語を使う環境に行くことをお勧めします。この方法はとても楽しく韓国語を使えるのでとてもいいと思います。

3学期目の授業からは、大学の授業も取ろうと考えています。今までは、語学堂の授業だけ取っていたのですが、バディーに勧めて貰ったので、検討中です。留学生活も半年が過ぎ、残りの語学堂の学期も今学期と合わせて後2学期のみとなりました。ここまでの韓国での生活は長かったような短かったような、必死に環境に慣れようとしていた様に思います。あとの半年は、何か新しいことに挑戦できたらいいなあと思っています。そして、将来に繋がるような体験もしてみたいなあとも思っています。

最近韓国国内のニュースにも関心を持っています。なかなか、日本では韓国国内のニュースを見ることがないので興味深いです。国際問題も、韓国側と日本側から見ることが出来るので色々な見方が出来、刺激になることも多いです。自分自身の考え方が今までと少し変わったと思います。帰国したらすぐ就職活動もしなければならないので、就職のことや将来のことも考えながら残りの貴重な留学生活を過ごしていきたいです。この留学生活が人生の中での大きい経験になることは間違いないので自分自身が後悔しないよう、意味のあるものにしていきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る