筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

上海杉達学院(中国)

大神 慶恵 さん (アジア文化学科)

糸島高等学校(福岡)

日本に一時帰国して
Aug . 2017
無事に前期が終わりわたしは2ヶ月間日本へ一時帰国することにしました。中国で受けた中国語検定3級、HSK4級も無事に合格との結果が届きホッと一安心することができました。中国では勉強ばかりだったので少しの息抜きをすることにしました。気候は同じようなものなのですが久しぶりの日本は、町の雰囲気も田畑がある田舎町の雰囲気も思ったよりも違っていました。やはり中国は土地が広いこともあり、田畑の広さもでかくやはり中国はスケールがでかいと感じました。あとは日本に暮らしていた時には感じることのなかった不便さも感じました。中国は電子マネーが発達しており、携帯のQRコードを通すだけで銀行から自然とお金が落ちるのです。また友達とのお金のやり取りの中でもお金を直接渡すのではなく、それさえも携帯の中のやり取りでお金を携帯を通して渡すことができるのです。便利なだけが重要ではなく携帯を落とした時などのリスクは高くなってしまいますが、とてもそういう点で発達しているのだなと改めて感じました。

よく日本でも駅の構内や、お店で中国語のアナウンスが流れています。今までは聞き流していたのですが聞き取れるようになったので今では耳を傾けることが多くなったこともわたしの中での変化だと思います。知らない間に中国での生活で中国語を聞くことが当たり前になっていたからであるし、このようなちょっとした変化がとても嬉しくかんじられました。残りの日本での生活も中国との違いを見つけてみたり、少しでもリフレッシュして後期の留学生活にいかしていきたいです。

 また、日本にいるときにはバイトなどで忙しく過ごさなかった家族との時間も増え、一緒に料理をしたり、出かけたりする機会が増えました。残り一か月ですがそんな時間も大切にしていきたいです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る