筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

静宜大学(台湾)

岡山 凛里花 さん (アジア文化学科)

香住丘高等学校(福岡)

台湾留学を振り返って
Jul . 2017
六月は私の留学生活最後の月となってしまいました。この約四か月間を振り返ってみると、たくさんの思い出が蘇ってきます。台湾に出発した二月十五日、空港に着いて言語も聞き取れず周りの状況におどおどしていた自分。実はこんな私でも台湾での生活のギャップや自分の語学力の低さ、気を打ち解けられる友達がなかなかできないなど、三月の中旬くらいまですごく悩んで落ち込んでいた日々もありました。そんな中で、自分から行動しなければ何も変わらないと気づき、私は授業やボランティア活動など様々なことにおいてアクティブに、自発的に行動していきました。そこから私の留学生活はがらりと変わったと思います。やはり一番大きかったのは筋トレ部に入部したことです。最初は勢いだけで入部してしまったのですが、入部したことによって本科生の台湾人の生徒や他の国からの留学生と関わることができて、先学期から留学している日本人の先輩方とも仲良くなることができました。人との出会いが広がれば、色々な機会も増えます。筋トレ部のメンバーで学校の様々なイベントに参加したり、部活以外でも困ったときはみんなが助けてくれました。あの時、筋トレ部に入部していて本当に良かったと思います。

六月現在の私は中国語で日常会話ができるレベルになりました。最初は本当に何を言っているのかさっぱりわからず、中国語に苦戦していました。しかしこの四か月の間にたくさんの友達ができて、中国語で会話する機会がふえていったことで今のレベルになりました。今の中国語のレベルに満足せず、帰国してからも中国語の勉強に励みたいと思います。語学力を身に着けることはとても自分の強みになることを子の留学生活の中で実感しました。中国語をこれからも私自身の強みにしていきたいです。
この留学を経て、私自身が成長することができたと思います。留学に来る前は全く自立していませんでしたが、台湾での生活で自分のことは自分でするという習慣が身に付きました。また、何か問題が起こった時の自己解決力も身についたと思います。そして何より、自発性と積極性は大事だと分かりました。私は勇気を出して積極的に行動したことで、様々な良い貴重な経験をすることができ、これは一生の思い出になりました。たくさんの経験をしたことで、日本でもたくさんのことに幅広く挑戦していきたいと思えるようにもなりました。ここには書ききれないほど思い出や自分が経験して得たことが他にもたくさんあります。台湾留学に来て本当に良かったです。この経験を無駄にしないようにこれからの日本での生活もメリハリをつけて、将来の夢に向かって努力していきたいです。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る