筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

中国文化大学(台湾)

岩永 栞 さん (アジア文化学科)

香住丘高等学校(福岡)

台湾での夏休み
Jul . 2017
7月に入り、毎日30度を超える日が続いています。じりじりと照り付ける日差しと地面から伝わってくる熱で少し動くだけで汗をかくくらい暑いです。熱中症にならないように日傘をさしたり、いつもより多めに水分補給したりするように心がけています。

 私は夏休みの間の2か月間台湾師範大学の語学センターに通っています。語学センターの授業は平日毎日3時間です。筆記試験と面接でクラスが振り分けられ、自分のレベルに合ったクラスで授業が受けることができるのでとてもいいと思いました。
 また、少人数制なので、分からない所があっても素直に「分からない」と言いやすく、質問もしやすいです。そして会話練習など話す機会が多いのも嬉しいです。ほぼ毎日小テストと、単元が終わるごとに試験があるので毎日の予習復習が欠かせず、少し大変ですが、充実していて楽しいです。
 最初は全く知り合いがいないところに一人で行くのは不安でいっぱいでしたが、クラスメイトはみんないい人ばかりで、新しい友達もできました。語学センターの授業はまだ始まったばかりなのでこれからもっと交流を増やしていきたいなと思います。

 そして、前学期に住んでいた部屋から新しい部屋に引っ越しました。前は4人部屋だったのですが新しい部屋は6人部屋で前より少し広いです。そしてこの階は元の建物に新たに増設された階らしく、床や壁、エアコン、クローゼット、ベッド、などほぼすべてのものが前より新しく綺麗です。

 また、夏休み期間中は学校周辺の店は閉まってしまい、清掃の方も来られないと聞いていましたが、夏休みでも思っていたより多くの学生が寮に住んでいて、今のところ学校周辺の店もほとんどが営業しており、清掃の方も夏休み前と同じように来てくれています。

 ルームメイトは5人中4人が帰国中で、今は香港出身の子と二人だけです。彼女とは初対面でしたが、とてもフレンドリーですぐに仲良くなりました。一緒にご飯を食べたり、遊びに行ったりしています。先週末は一緒に淡水に行きました。淡水に行くのは3回目でしたが、夜に行ったのは初めてで、川の対岸の夜景がとても綺麗でした。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る