筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

カナダ / クイーンズ大学

Ha. S さん (英語学科 )

筑紫女学園高等学校(福岡)

英語で自分の意見を伝える!
Jun . 2010
最後のセッション、気合いを入れて悔いの残らないように頑張ろうという気持ちでスタートさせましたが気がつけばもうセッションの半分が過ぎました。授業についていくのが精一杯で毎日学校に行くのが憂鬱になる時期もありましたが、今ではクラスメイトとも皆近い存在になり、お互い励まし合いながら勉強に励んでいます。それ以来、毎日が楽しくなり、時間が過ぎるのがあっという間です。
今月の初めには、クラス対抗のバレーボール試合がありました。普段、勉強にだけ精進していたので、クラスの皆でスポーツに対して一つになる貴重な機会だったと思います。放課後に皆で集まって練習をしました。私のクラスは計11人ですが、そのうち学生は3人しかいません。他の人は家族持ちや社会人ばかりのため、放課後に集まって練習を皆でするのは難しいかなと思っていたのですが、皆、練習に集まってくれ、さらにクラスメイトとの絆が深まったと思います。日本ではバレーボールやバスケットボールなど体育の授業で習いますが、他国の人たちはバレーボールをするのが初めてでした。中学校や高校で他の国の人は何を学ぶかなどを知る良い機会となりました。
 今月はエッセイの提出があったのですが、きちんと予定をたてなかったため、提出日ギリギリの日まで睡眠時間を削ってエッセイにとりかからなければいけませんでした。私は新しく来たハウスメイトとは双子のように仲良くなり、夜中お互い起こしあいながら宿題をしています。私が今まで出会ったハウスメイトは皆いい人たちばかりで本当の家族のように接しています。本当に私は恵まれているなと思いました。夜中まで宿題を共に出来る妹がいるのは良いことですが、タイムマネジメントのしっかり出来る学生にならなければと思いました。
 6月下旬に一週間の休みがありましたが、同じく筑女に通っているもう一人の留学生とニューヨークに4日間旅行をしました。ずっとテレビで見ていた憧れのタイムズスクエアに立つ事ができ、ニューヨークを堪能する事が出来ました。この旅行を通して、自分の英語力の向上に気づきました。お釣りの量を間違われたときに昔の自分だったら1ドルくらいいいかと思って諦めていましたが、最近ではきちんと英語で自分の意見を堂々と言う事が出来るようになったと思います。
 カナダに来てもう2カ月もたったと思っていたばかりでしたが残り2カ月となってしまいました。悔いの残らないようにするために何かをするときはもう悩む前にとにかく取り組もうと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る