筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学(中国)

菅原 真輝 さん (アジア文化学科)

中村学園女子高等学校(福岡)

あっという間に終わった今学期 
Jul . 2017
7月に入り、期末テストも終わりようやく夏休みに突入しました。最近の北京は最高気温が38度にまで達する日もありますが、急に雨が増え涼しく感じる日も増えました。

北京語言大学では一番早く終わる留学プログラムが終わった6月の20日を過ぎたあたりから夏期講習を受ける人たちがたくさん来るため、寮の人の入れ替わりが激しくなり日々誰かが出て行っては誰かが入ってきています。本科では卒業式典が行われ、大学の中では卒業の衣装に身を包んだ人がたくさん見られました。それにともない私の周りでもいつ帰るの?来学期はどうするの?といった会話が増え、一時帰国で日本に帰れるといううれしさとともに半年で帰ってしまう友人たちと離れるので少し寂しい気持ちにもなっています。
7月は私が一時帰国をした後に私の誕生日があるのですが、一時帰国した後で直接会えないというのとテストが始まるのとで早めにお祝いしてもらいました。日本人、韓国人、フランス人の友人たちからメッセージカードをもらったりして祝ってもらいました。また別の時には私がまた風邪をひいてしまったのを知った韓国人の友人がわざわざくだものをもってきてくれたりして、まだ私の留学は半年残っているのですが、とても濃い時間を過ごすことができ、とても良い友人に出会えた半年だったと思います。語学学習はもちろんですが、いろんな国の様々な人と出会い触れ合うことができるのも留学ならではの良いところだと改めて感じました。

本当にあっという間に終わってしまった今学期でしたが、自分の中国語の力はまだまだだと感じることも多かったのですがその分学ぶことがとても多く、この半年を来学期に生かしていかなければならないなと強く感じます。一時帰国でしっかりとリフレッシュして来学期に挑もうと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る