筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

大坪 礼佳 さん (アジア文化学科)

佐賀清和高騰学校(佐賀)

6月になりました
Jun . 2017
6月になり、夏がやってきました。夜に少し肌寒い日もありますが、暑い日が続いています。私たちは、5月の10.11日に一学期の期末試験が行われました。成績は、中間試験と期末試験の平均を足したものと、課題点を合わせての成績が出ます。その次の日に、終了式が行われます。修了式では、初級、中級、高級で勉強している留学生全員と先生方が出席します。各クラスの代表者が発表したり、クラス動画を発表したり、成績優秀者や皆勤賞の表彰などが行われます。次の学期から、クラスメイトや担任の先生が変わってしまうのがすごく寂しいです。そして、修了式の後は、一ヶ月間の休暇に入ります。私は、この休暇に入ってすぐ、とっても楽しみにしていた野球観戦に行きました。韓国のプロ野球はKBOリーグと言います。現在10チームが所属しています。その中で、私が好きなチームは釜山ロッテジャイアンツという釜山を拠点とするチームです。その中でも、李大浩選手のファンなのですが、李大浩選手は、日本のプロ野球チームであるオリックスバファローズと福岡ソフトバンクホークスでプレイ経験があります。その後、MLBのシアトル・マリナーズに所属し、今年ロッテ・ジャイアンツに戻ってきました。日本のチーム所属時もとても人気が高い選手でしたが、釜山の球場に行くと李大浩選手のユニホームを着ているファンの方ばかりでとても嬉しくなりました。2015年のシーズン以来久しぶりに見る李大浩選手の打席はとても楽しく、小さい頃に両親と初めて憧れのプロ野球を見に行った時並みのドキドキでした。結果は、あまり良くありませんでしたが、次に観戦に行った時はいつものような特大ホームランを見たいです。韓国のプロ野球の本拠地となっている球場の造りは、スタジアムが主で、ドームは1つしかありません。とても驚きました。日本の球場は、12球場中の6球場がドームです。野球場でもまた、韓国と日本の文化が感じられました。新学期も頑張りたいと思います。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る