筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

吉永 絢加 さん (アジア文化学科)

九州産業大学付属九州高等学校(福岡)

とうとう夏学期がスタート
Jun . 2017
5月13日から6月4日までの休暇が終わり、とうとう新しい夏学期が始まりました。休暇の間は、ほぼ毎日外に出て韓国語に触れる生活を送りました。韓国で初めて野球観戦にも行きました。客席の前のほうにチアリーダーがおり、選手の応援をします。チアリーダーの応援と共に、私たちも一緒に応援し、野球のルールをよくわからない私でも楽しめました。
5月22日から25日まで学校祭があり、盛り上がりがすごいです。最終日にはK-POPが好きな人はわかると思うのですが、ヨジャチングと呼ばれる韓国では人気のあるガールズグループの方たちが来ました。ヨジャチングが来ることを駆けつけて学校中には人であふれかえっていました。ヨジャチングの歌は何曲かしか知らなかったですが、ダンスの揃い具合、コンサート会場のような盛り上がりでとても楽しかったです。
ソウルにも遊びに行きました。釜山から高速バスで5時間。片道2300円ほどで行くことができます。ソウルでは仁川大学に留学中の山口さん・井手さんに会うことができ、お互いの留学生活について話し、お互い喝を入れあいとてもいい時間を過ごすことができました。

 楽しく充実した休暇を終え、夏学期が6月7日から始まりました。1学期は午後から授業だったものの、1個上の級に上がることが無事できたので午前9時からの授業になりました。今回から1学期に受けていたキャンパスとは違い、寮があるところからバスで25分かかるキャンパスになったので、毎朝6時起きの日々で朝が苦手な私は朝起きるのが本当に大変です。

また新しいクラスになったので1学期仲良くなったメンバーと離れ、初めての人ばかりで授業始まって4日ぐらいたちますがいまだに緊張しています。1学期のクラスでは日本人5人と同じクラスだったのですが、今回のクラスは日本人私だけのクラスになりました。少し心細いですが休憩時間も日本語を使えない状況なので、今までは休憩時間日本人と日本語で会話していましたが、学校の時は本当に韓国語だけなので良い環境になったかなと思います。今回のクラスにはベトナム人・中国人がいます。日本人一人で心細かったけど、みんな日本が好きで喋りかけてくれるので、優しい人に囲まれ楽しい日々を送っています。休暇明けですが気持ちを切り替え引き締めてまた頑張ります。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る