筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学(中国)

赤池 夕佳 さん (アジア文化学科)

東筑紫学園高等学校(福岡)

いろんなところに行きました
Apr . 2017
 先生が清明節の前に気温が下がって雨が降り、清明節の後には一気に暑くなると言っていました。まさにその通りで3月半ばに一度暖かくなっていたのですが、一気に寒くなりました。4月に入ってからは最高気温が20度を越えて一日の気温の差が激しいです。

 中国での生活だけでなく授業にもかなり慣れました。先生の言っていることは最初に比べるとたくさん聞き取れるようになりました。最近では教科書にでてくる構文などがより難しくなったなと感じます。そのため、なかなか理解できずに当てられてもうまく答えられないことが多いです。ですが、先生が言い直してくれたり、日本人のクラスメイトが教えてくれるので助かっています。
学校の引率で3月11日に武術学校を見学しました。練習とはいえ学生たちの武術はどれも迫力がありました。4月1日には京劇を鑑賞しました。京劇は日本でいうと歌舞伎みたいなもので、先生が京劇は聞き取れないと思うと言っていました。ステージの横に中国語の字幕がありましたが、聞き取ることや内容を理解することはできずとても難しかったです。音楽が生演奏だったので聴いていて面白かったです。また、3月31日には留学生運動会がありました。私は大縄跳びに参加しました。馴染みのない国の人は戸惑っていましたが、日本人は縄跳びに馴染みがあるので私を含め数人の日本人はぴょんぴょんと跳んでいました。日本での運動会とは違って自由な感じだったので楽しかったです。

 3月はクラスメイトや中国人の友達などと天津古文化街、天津市動物園や食事に行きました。4月3日には日帰りで友達と一緒に北京旅行しました。初めて高速鉄道に乗って天津から北京へ行きました。1時間もかからずに行けたので北京と天津の近さを実感しました。中国の鉄道の駅は複雑だと思っていたのですが、駅の構造が日本と違ってわかりやすくて迷うことなくいけました。

 まず、天安門に行きました。保安検査するまでに20分かかり、やっと天安門広場に行くことができました。天安門を通って中に入り、故宮博物院(紫禁城)へ行くことが出来るのですが今回は日帰りだったので行かずに、故宮が一望できる景山公園というところへ行きました。行った日はあいにく空気が悪い日だったのではっきりと見ることができませんでした。ですが、中国のでかさを感じました。次に、世界遺産の頤和園へ行きました。佛香園のチケットも買って上まで登りました。一番上には千手観音がありました。上からみる景色はとても綺麗でした。頤和園は自然がたくさんあり、先を見渡すと北京の大きなビルをみることができます。登るのはとても大変でしたが行ってよかったです。できれば空気が綺麗な日に故宮と頤和園の景色をもう一度見に行きたいです。中国の映画をみていれば、中国の歴史をもっと知っていれば旅行をより楽しめるなぁと感じました。今回の旅行では久しぶりに筑女の友達にも会うことができました。北京と天津は近いので何度も行きたいと思います。
4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る