筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

仁川大学(韓国)

井手 皓子 さん (アジア文化学科)

伊万里高等学校(佐賀)

韓国に来て一週間ちょっと経ちました
Mar . 2017
韓国に来て一週間ちょっと経ちました。まだ韓国での生活には慣れていませんがなんとかやっています。私は韓国に来てすぐに風邪をひいてしまいました。日本より少し空気が悪い影響もあり韓国に来てから咳が止まらなかったのですが、その日の夜に熱が出ました。昨年の夏に韓国研修に行った時もすぐに風邪をひいてしまって辛い思いをした経験があったので、日本でいつも飲んでいる風邪薬を持って行っていたのでよかったです。また友達が熱さまシートとのど飴を持っていたのでより治りが早かったです。冷暖房に弱い人は風邪薬と熱さまシートとのど飴を持っていくことをお勧めします!韓国の風邪薬は安くて即効性があるのが売りらしいのですが、おそらく日本人の体質には合わないです。あと一粒一粒が大きいです。(夏の時は治るのに一週間以上かかりました。)

 授業は大学の韓国語の講義と日本文化の授業をとりました。語学堂に入るということもできたんですが、大学の授業の韓国語の方がレベルが高いらしく、他の授業も取れたので語学堂には夏に入ろうかなと考えています。韓国語の授業はすごく難しいです。わからない単語ばかり出てきて調べるのが大変です。でも力はついていると実感できて嬉しいです。同じクラスには中国人が多くて、みんな積極的に韓国語を話そうといていて良い刺激を受けました。韓国語に慣れるまではちゃんと予習と復習をしないといけないなと思いました。頑張ります。

 寮の部屋は4人部屋で2人ずつ仕切りがある部屋でした。ルームメイトは同じ大学の相良萌瑛さん、山口大空さんと福岡大学からきた子で日本人ばかり4人でした。まだこちらにきて慣れてないのでルームメイトが日本人でよかったです。部屋は割と使いやすくて、トイレとシャワーが分かれていたので使いやすかったです。床暖房が入っているし基本的に寮の中は暖かく過ごしやすですが、すごく乾燥するのが一つ気になるところではあります。また先日は火災訓練が行われました。消化訓練の時は風が強く風上でやっていたので煙を被って辛かったです。もう少し広い場所でして欲しいです。

 韓国に来て一番嬉しかったことは夏に出会った仁川大学の友達と再会できた事です。学校内でたまたま会って「わあ!!久しぶり!!」と言ってすごく盛り上がります。今でも名前と顔を覚えてくれていて嬉しかったです。まだ再会できていない人もいるので早く会いたいです。

 まだまだ韓国での生活は慣れなくて、バディや友達にたくさんお世話になりながら過ごしています。早くなるべく自分の力で生活できるようになりたいです。これからもっといい刺激を受けながら過ごしていきたいです。
 
 
4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る