筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

大坪 礼佳 さん (アジア文化学科)

佐賀清和高騰学校(佐賀)

韓国留学のはじまり
Mar . 2017
韓国の釜山に留学に来て、10日ほど経ちました。日本を離れてから今までとても早く時間が過ぎていったように感じます。到着してから、書類の手続きや日用品を揃えることなどで、とても忙しかったのですが、最近やっと少しずつ、生活に慣れ始めた様に思います。釜山に来た時は、不安の気持ちがとても大きかったのですが、韓国人のバディーの方々や現地で仲良くなった日本人留学生が、とても優しく、沢山教えてくれたりするので、楽しく生活できています。

この間、クラス分けテストがあり、やっと授業が始まりだしました。私のクラスは中国人と台湾人と日本人がいます。少人数のクラスに分けられているのでとても受けやすいです。私は日本で中国語を専攻していたのですが、休み時間に台湾人の方に自分の名前を中国語で紹介できたことは、凄く嬉しかったです。今は、なかなか他の国の学生とコミニュケーションをとることが難しいですが、積極的に話しかけてみたいと思っています。他のクラスにも色々な国の学生がいるので、沢山コミニュケーションをとって、色々な文化に触れて、沢山経験したいと思います。

また、休日には釜山の観光地にも行きました。海雲台とゆうとても海が綺麗な場所にバディーの方が連れて行ってくれたのですが、そこで見たすごく綺麗な海と、夜景がとっても綺麗で印象に残っています。私は以前1度だけ行ったことがあったのですが、夜景を見たことはなかったので、凄く嬉しかったです。気温はとっても寒かったのですが、暖炉で温まりながら見ることができ、素敵な場所でした。他にも釜山の名所をリストにして送ってくれたので、休みの日に是非行ってみたいと思っています。夏は、野球観戦に連れていってくれるそうです。

私は、自分から積極的に話す事が苦手なので、毎日目標を決めてそれを達成できるように頑張っています。また、韓国語の簡単な本を買って、毎日少しずつ読むようにしています。沢山韓国語に触れる事が大切だと考えたので、韓国語ができる友人にはなるべく韓国語で連絡をしてもらうように頼みました。少しでも早く、韓国語が理解できるようになるように、色々なことに挑戦していきたいです。この1年間は、人生の中で凄く濃ゆい1年になると思うので、大切に悔いのないように過ごしていきたいと思います。
 
 
5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る