筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

ヴィサヤ大学

荒巻 日向子 さん (英語学科 )

柳川高等学校(福岡)

セブ島での2ヶ月間
Dec . 2016
セブ島に来てあっという間に2ヶ月間がたちました。この2ヶ月間でたくさんの人と出会いたくさんの人とお別れをしてきました。一緒の日に来たバッチメイトもほとんど旅立っていきましたが、新しい人と友達になりとても楽しく過しています。セブ島で出会った人たちは、ほんとにいい意味で変わった人たちが多く面白くまた温かい人たちばかりです。毎日新しい人と出会い毎日刺激を受け、自分の世界観や視野が広がりました。人と関わり、人とコミュニケーションをとることの大切さを改めて実感しています。コミュニケーションをとることの大切さを実感するとともに、英語がもっと話せたらな、、、と悔しく感じることも増えてきました。ヴィサヤ大学に11月から行き始め、現地の学生と一緒に授業を受けて感じることは、自分の英語力のなさです。現地の生徒はとても元気でとても気さくに話しかけてくれます。せっかく交流できる機会があるのに、自分のスピーキング力がないから機会を無駄にしているように感じます。また、こっちの大学の宿題の量に驚いています。日本の大学はあまり宿題がないけど、ヴィサヤ大学は毎時間毎時間たくさんの量の宿題を出されるので必死に頑張っています。寝る間も惜しんでやっています。授業もすべて英語だし、黒板を使うことが少ないのでノートをとるのにもリスニング力も使います。また自分の意見を言うという時間が多いです。あと4ヶ月で自分がどれだけ成長して自分がどれだけ話せるようになるのか不安もあるけど、とても楽しみです。

また、つい先日腹痛で倒れて入院しました。愛も気管支炎で一緒のタイミングで入院でした。入院することにとても抵抗があったけど、病院はすごくきれいだし、Wi-Fi完備だし病院食も日本食を出してくれるし日本人スタッフさんもいてすごく快適に安心して過ごせました。ただ、すべての看護師さんが日本語を話せる訳ではないので、医療単語を英語で知るいいチャンスになりました。また、最近忙しくてなかなか休めてなかったのでいい休暇になりました。また、こっちに来て体調管理を怠っていたように感じます。病気になってから改めて体調管理をしっかりしなければならないなとおもいます。後残りのセブでの生活を全力で楽しむためにも体調管理には気をつけます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る