筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

仁川大学(韓国)

竜口 侑子 さん (アジア文化学科)

宗像高校(福岡)

留学生活も残すところ1か月となりました
Nov . 2016
 10月中旬は肌寒くも過ごしやすい気候で、友達と「불빛축제」というイルミネーションを見に行ったり、ソウルの方まで遊びに行ったり、美味しいものを食べに行ったりしたのですが、10月下旬から急に寒くなり、コート・マフラー・手袋が手放せない時期になりました。仁川大学は海が近いために寒さが尋常ではありません。特に朝と夜は体感温度マイナスの世界です。本当に寒すぎて部屋から出たくなくなります。これから韓国に遊びに行く予定のある方は防寒グッズを忘れずに。韓国の寒さを舐めてはいけません。

 中間試験が無事に終わり、授業が再開しました。中間試験の結果を見て思ったのは、詰めが甘いな、ということです。簡単でよく使う単語に綴りミスがあって、「簡単だからと言って気を抜くな」「簡単だからこそ丁寧に」と尻を叩かれたような気がします。今回初めてライティングの問題があり、設問に対して10行以上文章を書かなければならなかったのですが、文法的なミスはなかったので少し安心しました。中間試験も無事に終わったので、期末試験のためにというよりは、韓国語能力向上のために、引き続きしっかり勉学に励みたいと思います。

 今、仁川大学に留学している日本人、日本語を学びに仁川大学に留学している中国人、日本語を学んでいる本校生(韓国人)の計47人でサークルのようなものを結成しています。先日はけん玉やだるま落とし、輪投げ、ユンノリなど、日韓の伝統遊びをしました。ユンノリをするのは初めてで、正直今でもルールが理解出来ていませんが、楽しかったので覚えようと思います。帰国したら誰か一緒に遊びましょう。今回は4チーム編成で楽しみつつ戦ったのですが、私たちのチームはけん玉で才能を発揮して優勝し、景品までいただきました。このように全体で集まって活動することもありますが、いくつかに分かれてグループ活動することもあります。私は映画グループ所属で、今回は「부산행(釜山行)」というゾンビ映画を見ました。人間の汚さや愛を目の当たりにし、恐怖と感動で涙が止まりませんでした。私はホラー映画が苦手なので見終わって時間が経った今でも疲れがひどいですが、見てよかったと心の底から思える作品でした。ゾンビさんが大丈夫な方は見てみてください。

 さて、題名にもあるように、留学生活も残すところ1か月となりました。生活や授業、食に対する慣れのせいか、前学期に比べて時の流れが早く、もう終わるのかと少し悲しくも思います。とは言っても考え方を変えれば、まだ1か月もあります。たくさん学んで、たくさん遊んで、「楽しく過ごせたな」というよりは「有意義に過ごせたな」と思えるように、残りの時間を過ごしたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る