筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学(中国)

渋谷 優花 さん (アジア文化学科)

八幡南高校(福岡)

天津の冬
Nov . 2016
 11月に入り、本格的な冬がやってきました。しかし、天津では政府が決めた日にちからしか暖房が入らないため、寮や教室も寒いです。また、大気汚染も酷くなり、空気が霞んでいます。なので、マスク必須で今までで一番健康管理に気を付けています。

 先月は、学院主催の遠足で天津にある万里の長城へ大人数の留学生で行きました。片道4時間バスに乗った後に、長城に登るのは、とても疲れました。でも、北京の長城とは違い、観光客がほとんど居らず、南開大の生徒ばかりだったので、登りながら顔見知りの人とも気軽に交流できていい思い出になりました。ちょうど前日に雨が降ったこともあり、空気がとても澄んでいました。以前行った事のある居庸関とは高さや幅などが違うことに気付きました。中国全土に築かれた、領土とシルクロードを守るための長城に行くと、中国の歴史の長さと凄さを実感できます。私は一番有名な八達嶺にまだ行ったことがないので、行ってみたいです。授業では、PPTを使って母国紹介をしました。授業で習った表現を使い、日本を全く知らない人にも分かるように、簡潔に説明することは難しく苦戦しました。今のクラスでは、より自然な会話表現が求められるので、授業でペアになって発表する時も、とっさのアドリブが多く頭を使います。皆はしっかり落ちもあって感心します。私はやはり、スピーキングと文法の語順が苦手なので、たくさん練習します。

 クラスの仲がとても良く、毎週のように遊びに行っています。先日は、先生が美味しい中華料理をごちそうして下さいました。中国に来て半年以上経ちますが、知らなかった美味しい中華料理もあり、大人数で円卓を囲って食べる賑やかな中国の食卓の良さを改めて感じました。パーティーをしたり、映画やカラオケに行ったり、日本では出来ないような交流を楽しんでいます。皆で習った表現をたくさん使うように心掛けているので、勉強にもなります。南開大学の日本語学科の1年生とも新たに友達になりました。中国の学生は本当に勉強熱心なので、上達が早くてびっくりします。

私の留学も早いことに残り2ヶ月程なので少し焦りも感じています。今月は交流ばかりではなく、机に向かい勉強する時間も増やそうと思います。でもまずは、体調を壊さないように、一日一日の授業を大切に、気を引き締めて、たくさん吸収できるように頑張ります。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る