筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

静宜大学(台湾)

志間 遥希 さん (アジア文化学科)

九州産業大学付属九州産業高校(福岡)

中国語で話すのが楽しくなってきた
Oct . 2016
台湾に戻ってきて1ヶ月がたちました。日本に2ヶ月帰っていた影響もあって聽力(リスニング)が少し落ちていたのですが、この1ヶ月でどうにか元に戻った気がします。新しい留学生もきてガラッと語学センターの雰囲気が変わった気がします。最初のうちは、交換生の通訳をしたりする機会が多かったのですごく大変でしたが、それも自分の中国語を試すいい機会になりました。クラスのレベルが上がったので、先生が話すスピードがすごく速くなり、単語量も増えたため、毎日予習復習に追われてます。分からないことがあったら、空き時間に台湾人の友達が丁寧に教えてくれるので苦にならずに勉強できています。大学の授業は前回一コマでしたが、今学期は最後なので3コマとることにしました。台湾の歴史について、生活で使える中国語、そして前回と同じ翻訳の授業を履修しています。全て日本語で授業が進むのですが、前回より中国語を話す機会が増えた気がします。語学センター・大学の授業と前回よりも充実した生活を送っています。

10月初めには、ルームメイトの家がある高雄に遊びに行きました。ルームメイトの友達がバイクで迎えに来てくれたので、夜市に行った後に観光地でもある夜景スポットに行ったり、翌日は屏東の山に行ったりしました。地元の子ばかりが集まっていたのでバイクで、観光ではなかなか行けない場所にたくさん連れてってもらって1泊2日の充実した旅行になりました。
2日には、靜宜大學の交換留学生対象のBBQがありました。活動のときは、10人で1家族というまとまりに分けられています。私は、日本人の友達1人と台湾人・中国人9人のファミリーに所属しています。台湾人は優しいのはもちろんですが、中国人の子たちもすごく優しくてなんでも、一番に動いてひっぱってくれてすごく頼りになりました。ファミリー以外のひととも話す機会があり、すごく日本語がうまいスペイン人と交流しました。そのスペイン人のひとと話してて気づいたのですが、今学期は日本語を話せる交換生が多い気がします。みんなになんで日本語勉強してるの?って毎回聞くのですが、日本が好きだから、日本で働きたいからということを聞くとすごく嬉しいです!
7日には、台中で9月30日〜10月11日まで開催されているJAZZフェスタにスペイン語学科のこと遊びに行きました。知り合って4日くらいだったのですが、話が尽きることなく4時間食べたり音楽を聴いたり楽しみました。この子は日本が好きで、よく日本に行くみたいでお互いに語学を教え合えるので、一緒にいてすごく楽で楽しいです。買い物の時も、日本語を話すまで日本人と思われないので、最近、台湾人の友達といるときは「どれだけばれずに買い物ができるか」という遊びをしたりもしています。今学期も日本語学科だけでなく、他の学科の生徒とも交流できているので充実しています。

台湾に戻ってきたときは、また長い4ヶ月が始まると思っていたのですが、1ヶ月すぎると、日本に帰りたくない気持ちが日に日に増しています。留学が終わるまであと100日くらいだけど、先学期同様いろいろな場所に遊びに行ったり、いろいろな経験をしたりしながら会話力を伸ばしていきたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る