筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

Auckland Institute of Studies at St Helens

吉留 由 さん (英語学科 )

青豊高等学校(福岡)

Finally, I am in NZ
Oct . 2016
ニュージーランドに来て、1週間が経ちました。到着した次の日からさっそく学校があり、所属するクラスでオリエンテーションを受けました。私はこれから12週間、EAP2(English for Academic Purpose2)と呼ばれる大学進学のための様々なスキルを学ぶコースで学習します。1週目は‘Internet and Education’をテーマにエッセイの書き方やCritical readingについて学び、実際にそれらを利用してエッセイを書くことが課題として出されました。もちろん宿題も毎日あり、この1週間は学校が終わったら寝るまでずっと勉強をしているといった感じでした。

午前中は2コマ、午後は1コマ授業があります。午後の授業ではAcademic vocabularyを学び、速読やSpeakingの練習もしています。Vocabularyの中には今まで聞いたこともないようなものがたくさんあるのでなかなか覚えられず、苦労しています。

私のクラスは、日本・中国・ロシア・ペルー・台湾からの計12人の留学生で構成されており、みんな大学や大学院への進学を目標としています。そのためみんな英語が話せて当たり前で、授業のレベルもとても高いのでついていくのに必死です。今は不安な気持ちがとても強く、余裕がない状態ですが、半年後の自分がどれだけ成長しているのかを楽しみに勉強に励みたいと思います。

私のホームステイ先はトンガ人の家族で家の中はとても賑やかです。1歳と4歳の子供がいるのですが、幼すぎて正直何を言っているのかわからないことが多くあります。(笑)
今のホームステイ先とは4週間の契約で、ホストマザーもホストシスターもとても良くしてくれるのですが、より勉強に集中するために今より学校に近く幼い子供がいないステイ先を探してもらう予定です。
12月からのブレイクに入るまではゆっくり買い物をしたり、友達と遊んだりする時間がとれなさそうなので、今はEAP2の最後のテストにパスすることを目標に充実した日々を送ろうと思っています。

You cannot lower the mountain, so you must raise yourself. Todo Skinner

ニュージーランドにも桜の木があってちょうど花が咲いています。帰りは歩いてステイ先まで帰るのですが、桜を見ながら今までのことやこれからのことを考えたりと、自分と向き合ういい時間になっています。(ほとんど宿題や授業のことで頭がいっぱいですが)
 
 
2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る